映画「宇宙戦争」見ました

宇宙戦争」みました。
<ふつうにかなりネタバレですけど決定的なとこは伏せてるつもりです。>

最初のほう、SFっぽいかんぺきファンタジーみたいな話を想像してたんですけど戦争映画でびっくりしました。地下室に入ったとき火炎から逃れるために扉を無我夢中で閉めたりとか。でも宇宙人(というのか)のビジュアルがどんどん前に出てくるごとにSFになってきました。そのころはパニック映画。私パニック映画って見たことないので比較できないんですけどあえりえないハラハラ感でした。パニックもんだと知ってたら絶対見なかったみたいな。(なんかわざとらしい見せ方は常套手段なんでしょうか?偵察に来た敵が部屋を出ようとする瞬間こっちが音立てて存在を知らせるとか。ちょっと笑いました。)

でもとにかく最初は、音響のすごさにびっくりしました。シートがアトラクション並みに動くんですよ。こんなことできるんだなーって知りました。さいきんUSJ行ったんですけどすごいそれ思い出しました。

d0000530_0341788.jpgあと最初の最初はロビーですね。もうミーハーなじぶんを画面いっぱい押し出してみますがロビーさいこう。じぶんのアイドルロビーでした。でも宣伝見るたびに、映ってたのはトム・クルーズとダコタ・ファニングばっかりだったので、あ、どっかでいなくなるなと思いました。絵面的にも2人のほうが映えますしね…。と覚悟してたら途中からなんかわけわかんない論理を口走り始めてふつうに画面から消えました。あーーここでロビーとはさよならかってもうじぶんではすっかり区切りをつけてたのに最後に出るとは。だってあの内容で生きてるってのはなんか、なんかご都合主義というか!ってそんなこといってちゃおしまいですが。でもファンとしては嬉しいじぶんがまちがいなくいる。そんな微妙な心境。しかもラスト場面ロビーですよ。あーーすいません嬉しい。
ロビー役の人はどんな人とか今ぜんぜん知らないんですけどちょっと英国人顔じゃないですか。顔はっきり映ったとき、あ、ビートルズ顔 って思いました。ビートルズって。(笑)4人いるのに意味わからん。髪形も大きいかもしれません。あとエンドロール目を凝らして見て、名前がJustinだと知ったときは正直ちょっとときめきました。

なんかわけわからんといえば、冒頭宇宙人攻撃し始めてるのに一目散に逃げ出さない市民。絶対じぶんなら何よりまず逃げるよ!って思うのにあくまで野次馬ったり近いとこで車のドアの影とかに隠れる、これがほんとなのかなーーと納得しようとしました。ところでビデオとかカメラとかで写そうとしてる描写があるのはひっかかりました。好きな場面です。

ラストはなんかすごい、えーーーっそんなオチ!!?
ってびっくりしたんですけど、そこで終わったら笑うってとこで。でもその後いっしょに見た人としゃべってたら、最初に手にトゲが刺さった場面があったよね、それ前振りだったんだねみたいな。しかもそれ私がまったく気づいてなくて相手はいや、ふつうに気づいてたけど、って悔しい!
そういえば冒頭の和やかなシーンかなり好きです。好きですっていうかふっつーーに見てて、侵略もんだと忘れてましたもん。ほんというとこの映画まったく興味ありませんでした。スピルバーグの映画なんだってことくらい。でも去年の「デイ・アフター・トゥモロー」も見てなくて、あとで見た人からおもしろかったって言われたのでこういうの見といてよかったです。


あと途中から宇宙人のかわいらしいとこ写し出したのはおもしろかったです。自転車のタイヤぐるぐる回したりとか。ETぽいなーとか。宇宙人についてはびっくりしたのはCGってすごいんだなーって思ったとこです。最後倒し方攻略しだしたとき、宇宙船みたいなのの中に入ってた宇宙人が手出したとこ、CGと思えませんでした。まあよくわかりませんけどもしかしたら特殊メイクみたいな実写なのかもしれませんけど、どっちにしてもこの世の中に実際存在してるもののように見えました。でもなんか触覚みたいなとこから光出してるのはなんか違和感ありました。いや、そんな可能性は多いにあるんでしょうけど、電池は燃料電池なのかなーとかクラゲみたいに自然発光なのかなーとか一生懸命考えてしまいました。

攻略法わかりつつあったのに、結局自滅してって解決しました
っていうのは、こういう映画としてはめずらしいオチなんでしょうか?ホントこういう映画見たことないんでよくわかりません。途中から、ちょっと立ち向かっていって解決するって内容を想像か期待かわからないけどしてたんでずいぶんあっさりしてるなーーと思いました。今までの苦労あんま意味なかったんだとか。

ところで今日自転車で行って、映画のあと適当にスーパーで買い物して家に帰ってました。そしたら家にあと2,3分ってとこでいきなり大粒のにわか雨が降ってきて、あわてて加速しました。狭い通路で屋根のあるところがあんまりありませんでした。混乱してる頭でこの先の道を思い出して、ちょっと走ったらコンビニの軒先があったと気づきました。やっと退避できたんですがその降り出した瞬間、同じように買い物帰りの女の人が歩道の真横を歩いてたことが頭の隅にありました。その人どうしたのかなーとか考えたらふと宇宙戦争を思い出しました。
[PR]

by chemicalbird | 2005-06-29 22:51 | 映画  

<< 長いこと雨降ってなかった 日本語チャンピオン決定戦 >>