ドラマ 「ドラゴン桜」

ドラゴン桜」見ました。
なんか今季がんばってドラマ見てるって気がします。

話・
元暴走族の貧乏弁護士が落ちこぼれ高校生たちを学歴社会の最高峰・東京大学へ導いていく

もともとドラマってそんな興味ないんですけど(映画とか1話完結もんに美学を感じる。短編映画とかちょっと最高)、興味本位で「電車男」と、映画見て他のストーリーが見たくなった「海猿」と、設定がありがちだけどダイエットもんの企画が大好きな自分はこの「ドラゴン桜」が気になりました。(「同系統のビフォーアフター」も好きです)

で「ドラゴン桜」、野球で延長してたのか、あ、まだやってないわ と別の部屋行ってたらめんどくさくなって最初見そびれました。最初見てないので主人公がどういう設定とか舞台がどういう環境になってるとかよくわかりません。(でも新聞のテレビ欄の下の紹介であらかたわかってはいました)
結果おもしろかったです。単純だけどおもしろそう。その新聞に書いてあったか忘れましたけど、先生が勉強できない生徒をどうやって勉強させるように丸め込むか、じぶんの人生にも応用できるような話が出てくるとかなんとかそんなこと書いてありました。でどんなものかと。

こういう授業がまともにできない学校とかの生徒を更正させていく話って最初に先生がどうやって納得させるかってネックだと思うんですけど、大体ちょっとムリがあると思うんですけど、やっぱこれもちょっと無理を感じました。でも他のそういうドラマとくらべたらまだ納得できる。たしかにそれを謳い文句にするだけあると思いますけど、でもやっぱりそんなセリフでだまらせることができるのか?ってことは疑問。
その疑問をはらすように次回予告ではぜんぜん話にのってこない生徒の様子が映ってましたけど、今後そのへんを見ていきます。なんか勉強させないくらいの勢いです。ってか今ドラマのリンクはろうとして別の評価のサイトでガンガン勉強するとかなんとか書いてあったんでやっぱガンガン勉強するんでしょうね…

というかんじでストーリーと大まかな流れは気に入ったんですけど、なんか雰囲気が微妙です。日常とくらべて会話のやりとりがちょっとずれてるような。見ててずっと微妙な気分でした。なんかうまく説明できないんですけど。
あと阿部寛が1人で演説してるとき、長く見つめすぎてじぶんの目の錯覚かもしれませんが途中からずっとにやけ顔に見えました。(汗)あとちょっと長いセリフのときは滑舌がちょっと悪いのが気になりました。まあでも好きですけど。顔とキャラすごい好きですよ。

というか主要人物4人全員顔好き。
(阿部寛、長谷川京子、山下智久 長澤まさみ)
もうじぶんの好みストレート。キャスティングしたの私ですか?ってぐらい。これが見るきっかけの1つにはなりました。っていうか長谷川京子美しすぎ。すごい見とれてました。そういえば長谷川京子って顔は知ってたけど、ドラマでじっくり見るの初めてかもしれません。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-09 19:39 | 芸能・TV  

<< (テニス国際試合) 日本開催の... 2012年オリンピック、空手は... >>