ついでに親戚のこと語ってみよう

父方のいとこ、6人中2人が年下です。

それまで父方のいとこ全員年上だったので新鮮でした。
今2人とも小学生。で女の子。まともに会話が成立しないので(悪い方向じゃなくて独特の雰囲気をもってるということ)、同じくらいの年のはとこ?だか男の子と1度話す機会があって、ポンポン会話のキャッチボールができたときは感激の涙を流しました。(心で。)このぐらいの年の子の意識をあらためました。会話ちゃんとできるんだって。しかもちょっと笑いとる会話のできる子だったよ。あの子が特別早熟とは思わないけど、でもちょっとおもろい子だったと思います。

まあそんなかんじで、いとこ2人生まれたのわりと最近なんですけど、じぶんちょっと絵とか書くんで勝手に2人にも絵書かせたろと思ってました。小学生なってきて、じぶんも小学生まんなかくらいにはマンガとか書きあって友達と交換してたりしたので2人はマンガっぽい絵書かないのかなーーと思ってたらなんかぜんぜん書かない様子。しかし1人はマンガにめっちゃ興味あり。小さいころのじぶんを見てるようでした。
食事によばれてもマンガばっか読んでて返事せず。来たは来たでマンガ片手に食卓に向かって食事はおざなりにひたすらマンガ。親戚同士話でもりあがっててもとにかく1人で隅のほうに寝転んでマンガ。(ちなみにちゃお。今ってちゃおの時代らしいですね)マンガ(じぶんの世界)に夢中でそのときに話しかけられても人の言うことまともに聞かないとか、マジでじぶん。ついでにそれに見習ってそのときじぶんもその子のマンガ読んでみましたよ。食事中。まあ一応じぶん弁護しとくと食事中ってか6割方食べたとこ。なんか昔のじぶんに戻りましたよ。読んでるときに本読むよりこっち先食べぇや って言われても、うんとか生返事。ちゃんと食べるんでいとこほどの傍若無人な無視度じゃないですけどね。(いとこを貶めてるよな)
もう何言ってるんだろってかんじになってきましたが、とにかくこのいとこはじぶんと同じ道に進むんじゃないかって気がしてなりませんでした。(じぶん→こういうかんじで始まり小学校高学年から中学校前半まで反抗期最盛期)
でこんだけ生活態度がシンクロしてんのにじぶんで絵は書かないと。なんで書こうよとか前2人に話もってった記憶があるんですが、○○ちゃん(私)の方が絵うまいから書かない~って笑いながらくねくねされて遠慮されました。いや、確かに、こんだけ年離れてたらどんな絵でも年上の人の絵の方がうまいって思うかもしれんけど、じぶんで書かんことには、そんな消極的でいいのか?とか色んな考えが渦巻きましたが、それ以来2人の前で絵書くのは控え始めました。今どーーなってんのかなーーと。ほんま何言ってるんでしょう。いや、ホンマ上の子の年のころ私の回りみんな絵書いてましたけど。
[PR]

by chemicalbird | 2005-08-14 02:11 | マンガ・アニメ・ゲーム  

<< さいきんの少女向け雑誌の性的表現 一瞬ドラマみたいな親戚関係 >>