槇原敬之が歌う 宇多田ヒカルの「traveling」

本屋で立ち読みしてたら
男の人の歌う宇多田ヒカルの「traveling」が聞こえてきました。なかなかいいかんじ。アレンジもそんな変わんないかんじだけど存在感ある感じで。でも宇多田ヒカルの歌ちがう人が歌うってどういうこと?だれ?って聞き分けようと聞いてたらど~~も槇原敬之ぽい。

d0000530_11255395.jpg今の時点まであんまり自信なかったら、
検索して判明しました。槇原敬之カバーアルバムの1曲でした。そんなん出すんですね。
知らない曲もいくつかありますけど、オフコースの言葉にできないとか気になります。(オフコースの歌なら別の選曲がよかったけど有名だからしょうがないか)

気になるな~~と思ってちなみに値段見たら13曲カバー入ってて3000円でした。まあ当たり前っちゃ当たり前だと思ったんですけど、カバーですもんね。曲数多いのはわかるけど2000円だったらまだ気楽なのになーと思ったしだいです。(カバーとリミックスはオリジナルより多少価値(値段)は下がると思ってる)
[PR]

by chemicalbird | 2005-09-17 11:34 | 音楽  

<< 普天王のブログ・4連敗 猫画像検索 >>