ドラマ「義経」をまた一気見

さいきんまた義経3ヶ月分くらい一気に見ました。
ようやく最近のに追いついてきました。

かと思ったらもうすぐドラマ終わりですか。そんなこと考えてませんでした。12月の最初らへんで終わるんですかね?思えば大河ドラマといえば「秀吉」でハマって翌年の「毛利元就」でガッカリして離れていって以来初めてマトモに見た年でした。来年とか、また仲間由紀恵とか気になる人も出ますし(去年も出てたんだったっけ…)最初の2,3回は見そうです。(そしてたぶんそれ以上は続かない)
と、そういえば北条時宗も見たことに気がつきました。渡部篤郎見たさに。出演者見たら、和泉元彌、渡部篤郎の次に渡辺謙がきててびっくり。渡辺謙、ラストサムライから知ったようなもんですしね。それにしても和泉元彌は、大して興味もないしとくに顔がいいとも思わなかったので当時はうっとおしいなあと思ってみてましたけど、数年後だか母と一緒に取り上げられたり、最近格闘技進出でまたワイドショーで見るようになってくると、あ、なんか意外とかっこいい顔してるんだんなと思ったじぶんがいます。まあ見ませんけど。

そういえば、今来年の「功名が辻」の公式で出演者ざーっと見て、今年の出演者もなんかいろいろおもしろかったなあと思いました。
さいきんビデオ見て出てきてビックリしたのは今井翼。タッキー&翼じゃん!って。すいませんふつうで。1回のみの出演でしたけど、なかなかいい役どころだし、演技もなかなか悪くなかったし好印象でした。
あ、あと後藤真希。もう最初えーーーって思ったけど、顔だけ見慣れてくると、昔初めてドラマ出てるの見たとき意外としっかりしてるんだなって印象と変わりませんでした。なかなかいいなと。

それとショックなことは、
大事な大事な壇ノ浦の回見逃したことです。9月11日。選挙最悪。(涙)(今から思うにはね。)というかNHKも無念だったでしょうね。一番の山場が唯一の放送時間変更っていうのは。1週前の次回予告で熱意が伝わってきましたもん。ていうか一番の山場って口にしたとたんまた急に悔しさが思い出されてきましたよ。この1月から見出した分で見逃したのは、清盛死んだとこ以来です。もう総集編見ないわけにはいかなくなってきました。

あと、今見たとこは、
なんかいきなり終盤がほとんど回想シーンだったっていう「腰越状」の回まで。
もう悲しく悲しくなってきましたよ。じわじわわかってきたんですけど、壇ノ浦の合戦の次の回で義経のセリフにあった「もう戦さはないから自分は必要ないんだ」みたいな一文で、ああもうあとは転落なのか!と!もう破滅ばっかりなのか!と目の前が一瞬暗くなりました。ドラマ見る前から覚悟してたはずのことが、活躍につぐ活躍ですっかりボケてしまってました。
は~~、だからもう見るの嫌なんですよね。いや、見るんですけど、楽しいことがないと思うと。でも真の義経好きの人っていうのは、その転落も愛してるんだろなと。じぶんそこまでムリですよ。

あと義経の滝沢秀明は、恐れ多いながら(←義経に対する態度だ(笑))さいきん演技うまくなってきたなーと思ってました。でも、ホントに変化があったのか、それとも視聴者として慣れてきてしまったのかどっちかと思ってたら、今回の回想シーンで確信しました。後者だって。(笑)
でもやっぱり、当初に感じた顔の良さが演技の良さにつながるみたいなことは、変わってない気がします。カバーするっていうのじゃないけど、ほんとに顔がそこにあるだけで、感情に訴えてきたり、威厳が伝わってきたり、もろもろするわけです。
このへんまで見てきて、結局滝沢秀明が主人公でよかったなと素直に思います。

ってかんじで。
もうマジで毎回DVDに焼いてたりするんで、結構熱心は熱心です。話あいかわらず意味わかんないとこだらけですが。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-21 00:06 | 芸能・TV  

<< 英語で「さすが」は 北海道いったときの2 >>