「ほっ」と。キャンペーン

映画「海を飛ぶ夢」

今年度アカデミー賞とったっていう「海を飛ぶ夢
CM見出して、ああ、見てみたいなと思いました。

最初に知ったのは、TVのCM見るよりちょっと前で
NHKのスペイン語会話で。
(笑い飯がどないなもんか見たくて見てしまった)
NHKで紹介される映画って現行の、実際の時間で
もうすぐ公開されるものって実感がなかったので
ふつうに、面白そうだないつか見てみたいな
で終わりました。

そしたら近々公開ってCM流れるんで
ちょっと本気で見たいと思い出しました。
実際映画館で見るかはわかりませんが。

そのスペイン語会話でネタバレはなかったので
安心してましたが肝心の15秒程度のCMで知りたくなかった
ことが流されてて微妙にショック受けました。
ネタバレっていうか実話なんだそうですけどね。
でもその実話を知らなかったら一応ネタバレ。

とにかくCMで言ってた十数年(←年数指定が問題。)だか、
死ぬ権利を得るため(?)生きた
みたいな宣伝。
よくそこまで何年も考えが変わらなかったなと思いました。
そこが一番気になるとこです。
(自分だったら未練がどんどん残っていきそう)
[PR]

by chemicalbird | 2005-04-16 19:34 | 映画  

<< 「雑学」がなんで嫌なのか ドラえもんの新キャスト >>