ドラえもん 大山のぶ代最終回

ドラえもんのことで頭がいっぱいです。

大山のぶ代始め
全部のキャストが最終回っていう今週見ました。
内容に関しては特に感想はありませんが
とにかく最後っていうのがこれほど悲しくなるとは思いませんでした。

ネットで映画シリーズの予告編とか見れますが
たぶん自分の初めて見たのは西遊記もののあたり。
ただ内容は全然覚えてません。
物心つくの異様に遅かったですからね。

それより思い入れが全然強いのが
コミックスシリーズの方。
いくつかうちにあって真剣に読んでました。
まあそれも当時なんで、今一覧見たら
表紙見てもどれが読んで読んでないのか思い出せないくらいです。

ただ、ぼんやり見ててある1つのとこでヒヤリとしました。
のび太と鉄人兵団という作品。
一瞬にして、当時の気持ちが手に取るように思い出されてきました。
結構怖いと思ってました。



コミックス真剣に買おうとか思ってます。
今手元には1つもないし前の方数巻だけでも。
プラス「のび太の南海大冒険」は外せない。

最近映画の「マスター・アンド・コマンダー」熱がまた
急浮上してきて昨日買った「SAW」「キング・アーサー」を差し置いて
こっち集中して見てます。
[PR]

by chemicalbird | 2005-03-18 21:54 | マンガ・アニメ・ゲーム  

<< ドラえもん映画で初めてみたもの 「SAW」と「キング・アーサー... >>