韓国の文字っておもしろいかもしれない

さっきNHKのハングル講座初めて見ました。

ハングル(←ってすでに「文字」って意味がふくまれてるって
さっき知ってびっくりした)って、
今までも何回か、なんか音と音を組み合わせてつくった
文字 とかって聞いたことあるんですけど
今日初めてマトモに仕組みを知りました。

といってもハングル講座が放送開始から3回目なんで
「これはもう皆さん知ってますね」とか言われて
ああ、もうすでに付いていけないかも
って思ってしまいましたが。

とりあえずアイウエオって発音する文字覚えたら
あとは子音をつける応用みたいで
記号的で暗号ぽくて面白そうです。
(基本「|」とか「―」とか「○」とか「□」の組み合わせ
みたいですし)
日本語とか全然むずかしいって感じました。

あとすごい合理的。
1つの文字が子音と母音で構成されてる
(今日見た限りでは)ってのと、
その構成されてる○とか□とかって形が
発音してるときのくちの形を現したってところ。

なんか感動すらしました。
これは、文字覚えるだけはとりあえず
すごい楽しそうだってわかりました。



ただ単語覚えるとか、文章の構成を覚えるとかってのは
言語自体にすごい興味ないと無理だと思うので
そこまでいけなさそうです。
他の言語も実際そうです。

この番組見て思いましたけど、
とりあえず毎年最初の1ヶ月くらいは全部の言語
見てみようかと思いました。
簡単な言葉くらいは毎年続ければ覚えられそうです
とか妄想を抱いてます。
まあ長丁場な話ですけど。
[PR]

by chemicalbird | 2005-04-20 00:24 | 芸能・TV  

<< MO'SOME TON... 三浦大知からちょっと離れてきてる >>