ライフカードCM 部下役は忍成修吾

d0000530_23374480.jpg新入社員の部下がなんかムカつくキャラだみたいなライフカードのCMの続き、やっと見ました。テレビでCM見るたびに、あ、見よと思ってもずっと忘れてました。

最初の選択肢の映像見てしばらくして気づきましたけど、部下役って忍成修吾だったんですね。15秒CMでは気づきませんでした。
っていうのもしょうがなくて(と言ってみるけど)、忍成修吾見たのあとにも先にも映画の「リリィ・シュシュのすべて」だけだったんですよね。でもそれだけでも強烈に印象に残る人でした。ありがちな言い方だけど日常的なのに静かな狂気をはらんだ演技がすごい頭に焼きつきました。セリフ回しのひとつひとつとかが、怖っ!てかんじで。(主役の市原隼人も同じで、これが基準だからたまにドラマで見るとビックリする(俗っぽくなってて) 今思ったけど、あんまりこの2人が好きってわけじゃないと思うけど妙に神格化してるかもしれません)

あれが何年前かわかりませんけど、結構何年か経ってるはずだから顔わからなくなってて当たり前だと思いました。
そんなかんじでCMの続き4パターン見てましたけど、CM情報にあるとおり「初共演とは思えないほど息があってる」と思いました。というか忍成修吾のイメージが当時のままの怖さでビックリしたんですが。(ただ顔が一致しないだけで)

ところで順序は 「理解」→「我慢」→「説教」→「罵倒」 で見ました。
これ結構自分としてはよかった順番でした。

でも「理解」で最初っから部下の立場が下になっちゃったのはしまったなーと思いましたが。なんにしてもこれリリィシュシュとカブります。なんででしょうね。「我慢」はなんかよくわかりません。「説教」はさすがにおもしろいです。忍成修吾ファンっぽい自分からしたらこれこそ見たいパターンです。あなたがあーたになってそうな口調とかいいですね。
「罵倒」は途中からこういうパターンもアリだなーと思いましたけど、最後ホントに嬉しいのかからかってるのかどうかうやむやにしてるのがいいです。(ホントはからかってるってことになってるんだろうけど見ようによっちゃわからん)ちなみに最初罵倒されてるとこはまたリリィシュシュとすごいカブりましたけど、ウワ~ってなり出したとこからそんなこと吹っ飛びました。忍成修吾のちょっと白々しさを狙いつつのはっちゃけた演技といいオダギリジョーの騒ぎ方といい全体のテンポもあわせて結構好感触です。というか作った人がすごいのかなーと改めて思いました。2人の役者のいいとこ引き出してるかんじがします。
[PR]

by chemicalbird | 2006-04-04 23:53 | 芸能・TV  

<< どうでもいい夢話2 聖歌隊ボーイズ(笑) クワイヤ... >>