ジェームス・ブラント Mステ

d0000530_21473764.jpg1週間ずっと楽しみにしてました。Mステひさしぶりに見ましたけどなんかどっと疲れました。途中音ちっちゃくしたり、2画面にして進行を伺いつつ別の番組見てたり(音楽チャンネルでアンジェラ・アキ見てなごんでたり)っていうのも、世の中ってだんだんよくなってきてるものだと思ってたんですけどそうじゃないってことを嫌々突きつけられた気分です。

それはともかくジェームス・ブラントの「You're Beautiful」よかったです。っていってもホントに曲は聞きなれたりしててあんまりいまさら感動とかもなかったんですけど(といっても先週のラジオ生演奏は震えるほど感動した(←公式で動画1ヶ月間見れます))とりあえずライブ行けなかったもんにとって生で映像付きで歌ってるとこ見れるなんてすごい嬉しいです。(でもこれが「Goodbye Me Lover」だったら完璧ウッてなってます)
といってもホントのカラオケでしたが・・ ああいうのにギター合わせてる気分ってどんなもんなんでしょうね。わかりませんけど。

歌う前の紹介は、ああいうVTRがあるもんだと知らなかったんで意外でした。内容ですけど、元兵士っていうのは知らなかった人にとって印象が残ると思うんでよかったです。最後の「地獄を見た天使」っていう一文にはちょっと失笑。地獄は置いといても大の男つかまえて天使か?って。ただ笑いつつも、なんか2割くらい、ちょっとひっかかるものはありました。バカにしたいけどなんかキレがいいなと。
そのひっかかりとは絶対関係なかったんですが、歌見てて歌詞の中に実際「エンジェル」って言葉があったのに気づいて、これにかけたのか!とわかりました。そう言ってくれないとわかりません。

それにしても厚みのある声ですね。今日出てた日本人歌手が平均1層だとしたら8層くらい。(数字が多いほどいいって言ってるわけじゃないですよ)ミルフィーユみたいなかんじです。でもあれほどパリパリしてるわけじゃないからミルクレープにしとくか… とあれほどやわらかすぎて抵抗なく分断できるんじゃないかんじなんでその間ですね  っていう客観的に見ればムカつくようなたとえをずっと考えてました。(ミルフィーユ云々を置いとけば先週からずっと。しゃべり声も同じだけど、なんでこんな声出るんだろと思って)



・上木彩矢思ったより全然かわいかった  ・「Bounce with me♪ Bounce with me♪」の部分が30分間くらい頭をリピート  ・Def Tech水浸しちょっと引いた サビだけ聞いてたときはあんまり好きじゃなかったけどそれ以外のとこが結構好きだった



ところで今回の初来日で、ラジオ聞いてたり生放送見てたりで、歌と顔(とかあと物腰の柔らかさとかもろもろ)の印象があいまってすごい優しそ~うでかよわそ~うな人の印象しかなくなってきてるんですけど、それで「強盗を撃退」とかいう記事見ても、なんか今さらっていうか今だからこそ逆に想像できません。(公式のニュース、2月7日分を参考に)1週間ほど前までは自然に受け止めてたはずなんですが。
あと今しがた人様のブログでその人の自殺する人の歌っていう解釈を聞いて少なからず動揺してます。ぜんぜんそんなこと思わなかったんで。(確かにPVで最後海に飛び込むんだけど、なぜか知らないけど映像は映像・歌は歌と分けて考えることにしてたし、たとえ上のものかなと思ってた)でも自分で考える余地もないしなんか信憑性もあるし、とにかく自分バイアスかかりやすいんですっかり信じこんでます。
[PR]

by chemicalbird | 2006-04-28 21:48 | 音楽  

<< 風味堂の「クラクション・ラヴ」 映画 「ニュー・ワールド」 >>