英語の「げっぷ」

さいきん英語でわからない単語があったらとりあえず検索かけてみようと思ってる自分です。

検索してみてはその頭から忘れていくのでまったく脳の肥やしにはなってないんですけど、なんかその時点の意外性を楽しむみたいなかんじです。世間でいうところの「雑学」みたいなノリです。(ちなみに雑学ってことばはなくなればいいのにと思ってます)

そこでさいきん意外だったのは英語の「げっぷ」が「burp」っていうらしいと知ったことです。
ダーリンは外国人」ネタで知ったんですが、単語っていうのはどこの国の言葉でも言語はちがうのにどっかしら音の共通した言葉があるって読んだことを思い出しました。(「切る」と「cut」とか。スパっとしたかんじ)
「げ」と「b」の濁点のかんじといい「ぷ」と「p」なんて完璧カブってるし、すげーなーと思った次第です。(その前は「What do you mean?」と「どういう意味?」が似てるなーと一時期すごい考えてた)

その後おならが「fart」っていう(らしい)ことも知って、これは「おなら」とは関連性をかんじないんですけど、そうではなくてすごいおなららしい(笑)単語だなーとちょっと感心してしまいました。ちなみに俗語らしいので一般的かどうかわかりませんけど。

という絶対1週間後には忘れてそうな単語の2つでした。
[PR]

by chemicalbird | 2006-05-06 19:08 | 言語とか文化とか  

<< アクエリアスCM レミオロメン... 風味堂の「クラクション・ラヴ」 >>