オシム 「代表とクラブは同じ皿の料理を食べる間柄」

オシム監督、クラブと関係強化へ=「語録」で共存訴える
「代表とクラブは同じ皿の料理を食べる間柄。利害が一致しないからといって料理につばを吐くと、それを食べることになる」
ということで、つばを吐くってなんか今までになく過激だなー(っていうほどでもないけど)と思うと同時に、なんかわかるようなわからないような?というかんじでした。


Yahoo以外の記事を探してみようと思って検索かけたら出てきました。

オシム新監督、名物「語録」で主導権握る
「同じ皿から料理を食べる間柄。一時的な利害の対立でつばをかけ合えば、自分もそれを食べることになる」
お~~なんかちょっと補足されたかんじ。オシムが監督になってからはっきり知りましたが、当たり前っちゃ当たり前なんですが新聞社(とかテレビ局)によって微妙に翻訳がちがうのでそれぞれ受ける印象もちがいます。
同じ発言内容が載ってたら、これはこっちの方がニュアンスが近いんだろうなーと切り貼りして想像することも多いです。「お互いつばを吐き合えば」ってことなんですね。

それはともかく、オシムがいうJリーグと代表がもっと密接な関係を持つっていうのはJリーグ見てる者にとってホントに理想なのでこの手の記事を見るたびにうれしいです。メディアのJリーグ軽視(というか無視)はすさまじい力を感じます。他の競技もそうですが、国際試合だけピックアップすればいいやってかんじですしね。



そういえば、サッカーのW杯終わったころ新聞で特集があって、W杯のメディアの取り上げ方はどうでした?みたいなものに購読者が応えるってもの。
「写真が大きすぎてスポーツ新聞かと思った」っていう批判的なものから、「日本以外の選手もとりあげてて他の出場国にも興味が持てた」とか「4年前の日韓大会よりメディアは成熟したんじゃないか」とかいう好意的な意見がバランスよく載ってありました。

その中で何気なく気になったのは、
「トップにW杯の記事がでかでかとあって、他に重要なことはないのかと心配になった/ムカついた」的な意見でした。いずれも年配~中年の方が多かったと思いますけど。

それを、今回の高校野球に置き換えたらどうでしょうか?
たぶんその年代の方はサッカーほど文句はないと思うんですよね。あくまで想像ですけど。

そのときは高校野球の大々的な報道はなかったんでそれとは比較しませんでしたが、とにかく数十年後には、「サッカーのW杯の記事がトップなんて…」っていう人が今より少なくなることを期待してます。
むしろいつも期待してます。Jリーグ発足当時いくつだった子供がいまいくつで… とか、日韓大会のときの子が… とかなにかしらにつけて頭に浮かびます。妄想好きなんです。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-24 20:12 | サッカー  

<< 「やわらか戦車」ブーム OK Goの「Here It ... >>