「やわらか戦車」ブーム

今日ニュース番組でやってて初めて知りましたけど、「やわらか戦車」ってフラッシュが微妙に人気だそうですね。

特集で気になったので見てみました。
ちなみにこういうのって、あんまり見ない方なんですけど。

d0000530_20492797.jpg素直な感想ですが、期待したほどおもしろくはありませんでした。話の流れとしては。ただ細かなネタとかキャラの振りまく愛嬌はすごく好きになりました。
やっぱ気になるのは戦争ネタへのツッコミの少なさなんですけど。もっと風刺的なもんかと思ったんですけど、ごまかしきってそれはなさそうなかんじですし。せっかく「戦車」って銘打ったんだから、もっと生き死にについてのオブラートに包むんだけども痛烈なメッセージとかって何期待してんでしょうね。

まあ思ったよりキャラクター重視ということで。
あと正直見た目に関しても、正直街頭インタビューでもあったとおり第一印象では「あんまりかわいくない」と思いました。あとでもこうやってストーリーとか音に乗ってきたら親近感もわいてきます。


特に曲が好きです。
テレビで見た段階で、ちょっとメロディが頭に残りました。「や~わらか戦車♪生きのびたい♪」って口ずさみながら検索してました。

1話あたりの短さも魅力です。
最初何分間の映像か知らなくて1話を見たんですけど、オープニング曲があって、その次本編が始まるかと思ってました。だから最初、アレっ?と思いました。
でも逆に話が進むにつれて5分とかになってきたら、長いんじゃないのー?と思ってクリックすることもありました。まあふつうに考えたら、短いんですけど。

声とかも作ってらっしゃる本人が吹き替えしてるってことで、音楽もなんですかね?すごいですね、歌のキャッチーなかんじといい詩の乗り方といい。言葉の選び方もいいです。こういう人なんか憧れますよ、短い言葉で人をつかむという。言葉だけうまい人なら結構いると思うんですけど、それに音楽が乗ってるのが強みですよね。
それが、そういうかんじで進むのかと楽しみにしてたら3話以降あんまり歌重視じゃなくなったのですこし残念でした。

とにかくこういうのがあるんだなーとちょっとびっくりしました。
ちょっと前はGIFアニメとかでこういうことやってる人見たもんですが、今はフラッシュなんですね。たぶんフラッシュのアニメが一般的になり出したころに、1つの連載ものを見ることがあったんですが、(作品作る側の)技術の印象がそこで止まってます。ここまでホントのアニメっぽくできるとは知りませんでした。他にもなんか探していきたいです。



ところでたぶん特集の映像で、製作者の人(たぶん製作者の人)が街頭インタビューに帯同したりしてるとこを見たんですけど、ネットでホントに14歳だと思ってる人がいて微妙にびっくりしました。あの人は14歳には見えないなあと… まあ自分も順番が逆だったらそう思うんでしょうけど。お子さん2人いるって言ってましたっけね。

***

というか最近とにかく、こういうキャラもんに異様に弱いです。
最近saku sakuっていう神奈川限定とかの番組を初めて見ましてそれに微妙にハマってます。キャラ自体は、前から色んなとこでちょくちょく見てて知ってました。(テレビでもたまたまつけたのに番組が映ってたりして(木村カエラが出てるーとかで気になってたと思うんですけど))ただそれが、ホントにおもしろいキャラかはわかりませんでした。
それが5分でも見たとたん、ホントに心底好きだ!と思えました。声当ててる人、通称黒幕っていう人らしいですけど、しゃべり相当キレてますね!結婚してほしいくらいです。

それはともかく、あとはもう番組自体終わってしまった(ということになってる)んですが、音楽専門チャンネルの「Our Favourite Shop」はホントにたまたまチャンネルつけてキャラが気になったから見始めたもんでした。これもパペットで。

どちらも似たようなもんだと思います。人形を通して毒づくっていうかんじの。(しかも話のレベルも高い。しゃべってる人の過去の歩んだ歴史を知りたくなる)
声はもちろんあの加工された声で。加工声はやわらか戦車も同じですね。もしかして加工声に弱いのかな?
2つの共通項をむりやりひねり出そうとしてますけど、人をくったような小馬鹿にしたような演出・しゃべり方とか、とにかく脱力したかんじとか、そういう点でも似てます。

こういう番組が全国区の民法とかで、なんかあんまり存在を聞かないのは、それもおもしろい話ですね~
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-24 20:42 | ネット  

<< アジア杯 サウジアラビア戦・ア... オシム 「代表とクラブは同じ皿... >>