「ほっ」と。キャンペーン

エドワード・ノートンって日本語しゃべれるのか


エドワード・ノートンが日本語話せるとは知りませんでした。
エドワード・ノートンはファイト・クラブでしか知りません。でもそれで好きにはなってたので、NHKで再放送されてた「アクターズ・スタジオ・インタビュー」っていうのを見ました。それで大学で日本語を専攻してたって話になって、司会者が「ちょっと話してくれ」って直接的に言わずともそういう雰囲気をもちかけるんだけど本人はそうならないようにかわしかわしで答えてました。(司会者の必死さに笑った)逃げられるんで最終的に司会者が自分も中国語で1から10を言うんで日本語で言ってってとうとうはっきり言ってしまいました。そんな会話の中でも、大阪に4ヶ月住んでるとか会話はある程度できるとか言ってましたけど、実際1から10聞いてみても流暢だな~~ってわかりました。なんで自分英語できないんだろうなーとこういうとこで思います。

同じ感じでびっくりしたのはジョン・メイヤーの日本語。WOWOWのグラミー賞で1回見たことあるんですけどビデオとっときたかったです。愛嬌もありましたし。留学してたってのはその後知りました。
[PR]

by chemicalbird | 2005-05-07 13:52 | 映画  

<< 映画「マスター・アンド・コマン... 太宰治のパンドラの匣 >>