メールなのに送る時間を気にする

メール=時間を選ばない  だと思ってたのに、なんか気がついたら常にそうです。っていうのも、送信元はパソコンなのに関わらず送信先はたいていケータイだったりするからです。そもそも私がケータイの機能をカメラしか使ってないのがいかがかと思うんですけど。(いや、それと電話の発信元)あといまだにケータイでメール打つのが苦手ってのがあると思います。というよりあまりにパソコンとの落差がありすぎて打つのがバカらしくなるからなんですが。ケータイより先にパソコン触ったのが運のつきでした。(涙)

今もちょっとメールチェックしたいんですが、したら=すぐに返事送らないと
なのでできません。っていうのも筆不精なので。メールに対してもこの語源が残ってるってすごいな。筆箱下駄箱レベルですよ。思わずケータイに筆を向けてる様子が頭に浮かびました。
とにかく、一瞬でも返事は「あとで」と思ったらほんとに半永久的にあとになってしまうことがあるのですぐ送ることにしてます。この心構えをしてからこころなしか人間関係が円滑になった気がします(笑)。そういう意味で人生経験って必要だなと思います。たぶんすごい狭義の言葉の使い方ですこれ。

しかしこれもさっきの部屋の掃除の価値観とつながってくる気がします。1回やろうと思ったらとことんやってしまうんだけど、どっか他に直さなきゃいけないとこがあるとか。←ちなみにこれも定義づけ
さいきん思ったんですが、研究とかってあるいみ定義づけだと思うなーとぼんやり考えて、自分の行動をポジティブなもんにしようとしてます。
[PR]

by chemicalbird | 2006-12-23 05:29 | ネット  

<< 青島幸男・岸田今日子・カンニン... 今年もあと10日 か!? >>