「ほっ」と。キャンペーン

メールのあてさき間違い

なんでメール送る人まちがえたらこんな焦るんでしょうね…寝ようと思ったのに微妙に動揺して寝れません。

といっても間違えた相手は気の許せる人でふだんあんまり高度(っちゃなんだけど)な会話もあんまりしないざっくりした昔からの知り合い(しかも簡単なことは割りと忘れてくれる方)なのでまあ間違える相手としては最良です。しかも2,3年前も1回まちがえた(笑)これも衝撃的だったから覚えてることです。
しかもそのときは返信されるまで気づきませんでした。さっきはなんかわかんないけど、何気なく送信トレイ見たらあて先間違いなことに気づいたのでした。そのときあまりに焦って送信トレイのメールに返信してじぶんで受信しました。そのときもかなり動揺してたので、もしかして、最初送信先間違えたのもじぶんの勘違いじゃ…?と無限の混乱のスパイラル。たぶん間違えたと半分くらい確信しなおしてもっかいきちんと相手に送り返しました。

と書いたとこでちょっとおちついてきました。
まちがえる理由として、受信メール一覧に、送信相手がメールアドレスで出るようになってることが1つあります。アドレス(文字の羅列)で相手を判断してるので、印象でたまに判断するので、なんとなく似てる雰囲気のアドレスでまちがえることがあるんです。なんとかしないとダメですね…特に最近意味もなくメールを頻繁に(明らかに以前とくらべて)送ってるんで、心に留めておかねば。(ケータイでメール打ってるだけで、ケータイにハマってんのか?とツッコまれるさま。ケータイはメールも打てるもんとちゃうんかい!)しかしそのうちタイヘンな内容をタイヘンな相手に送り間違えるんじゃないかと思うと、なんだかまた動揺してきました。
[PR]

by chemicalbird | 2007-02-16 01:13 | ネット  

<< 日本アカデミー賞って面白いのに... アンジェラ・アキのプロモの流れ... >>