「きんぎょ注意報」の新装版が出たらしい


「きんぎょ注意報」、絶版して古本屋でも手に入らないとかいうことは目にしてはいました。(古本屋にはあるよーとツッコミ入れつつ)新しく出るとは思いませんでした。私も何年か結構前に売って、さらに最近何年か前に中古で集めなおそうとしてましたが(すごい無駄な作業)それは途中までだったので、表紙も違うようだし新装版買ってみたいと思いました。
聞くところによるとなかよしに新しい書き下ろしとかも載ったらしくて、どんな内容なのかすごい気になります。りぼんとかなかよしとかって今じゃまっったく目にする機会ないので、当然買う気もないので見る手段がなくて困ります。新装版に入れてくれないんでしょうか。というかさっきんとこでもここでも「掲載」とか「復活」とか微妙な書き方してるんですが連載ってことではないですよね。ちょっと期待してしまいました。ってか今の作者の絵柄がどんなんか知らないのでヘタに期待もしませんけど。
猫部ねこ、知的で好きなんですよね。ああいう内容だからこそチラ見せが引き立つというか。というかそれは自分の言うのは初期のころの緻密な絵のときオンリーです。ビジュアルまでギャグに染まっていったかと思うと子供心に妙に傷ついたりしました。(←今だとそうは思わないってことだと思いますけど)

そういえば今、今の目で改めて見たことないですけど、中学生が学校買収とか理事長になるとかあっりえない世界でしたね。当時もう「弁護士」とか「貸し金庫」、「理事長」はもちろん「校舎」の意味すらわからない自分は1巻はもう意味不明でした。一方でコマの中の手書きで書いてるセリフ意外の字にも、ていねいにフリガナ書いてあったりして、何が目的かわかりません。(笑)
[PR]

by chemicalbird | 2005-05-13 23:21 | マンガ・アニメ・ゲーム  

<< 大阪ダービー、名古屋のマルケス 文章読むと書く文章も豊かになる >>