映画「八日目」

深夜の地上派で「八日目」ってフランス映画っぽいのを見ました。
最後のほうまでおもろいなーと思ってみてたんですけど最後が悲惨でびっくりしました。いや、そっから間違って落ちるなよって笑ってたら、えーーーっっ!!て。(クドカン風)
さすがに泣きました。でもその後それを悲しいこととは具体的には表現してなくてそれどころかEDの音楽もなんかコミカルだし、いや本編全体がシリアス+コメディ風味だったからぜんぜんそんな扱いでも自然でした。
何にしても見終わったときはうまいことまとまってる映画だなーと感心しました。(続編がありそうなオチだってよく言われてた「マスター・アンド・コマンダー」も自分同じこと思ったのでどこまで信用できるかわかりませんが)
っていうか同じことの繰り返しですけど、シリアスっぽいのに爆笑するようなコメディをすごいちょくちょく入れてきて、空想も現実的な話ん中に自然に入れてきてなんかすごい配分だなーと思いました。ビデオに録ってたし最初流し見するつもりですごい早送り混ぜてたんですけど途中から友情がすごいことになってきて(笑)早送りやめました。でも友情ができて終わりじゃなくてアレで終わりだったのかーーーー。これ子供見たらちょっとトラウマじゃありません?
[PR]

by chemicalbird | 2005-05-25 05:54 | 映画  

<< ZERO7のBGM 足の指の関節ならしたらびっくりされた >>