「義経」、清盛の回が…

義経一番新しい回のまでにのぼりつめました。ゴールが見えてきましたと思ったら日曜はすでに次の回。まあ、まあいいじゃないですかたまにはこんな日常も、こんなふつうな日常も…
そんなかんじで半年分消化しかけの自分がまどろんでますけど、清盛の死ぬ回どうやら取りそびれました。もう、どんだけ落ち込んだらいいのか、どんだけ落ち込んだらいいのかわかりません。なんで2回言ったんでしょう。
山場じゃないですか。なんでこの回だけ撮り損ねるのか…まあ最初の方1回撮りそびれてたら見る気そがれますからその点はよかったんですけどすごい最近ので。でも…  ふつうに次の回次の回見てて、次回清盛の死!とかって、ああどうなる!!?ってすっごいハラハラドキドキしてたのに、次の回見ると既に冒頭で清盛息絶えてるんですよ。意味わかりません。いいとこだけごっそり持ってかれた感じです。この悔しさのままだと年末の総集編見るんですけどこの勢い続きそうにないですからね……

義経好きだとか何年も言っといて実際どういう人なのかは全然知りませんでした。小学校のとき歴史の教科書に義経出てきたらきゃあきゃあ言ってたくらいです。(しかも義経なんか取り上げられるの一瞬だけだしなあ)早々と北条家に移って寂しかったの覚えてます。ゆえになんか北条家にはわだかまりの気持ちがあります。(笑)

ここまで見てビックリしたのは、義経の実母と清盛の間に子供がいたってこと。すごくないですか。(←笑) っていうか教科書に出てきてた可能性もあったとか思います。
あと義経が平家の子供とかと仲良かったとか平家の陣地に住んでたこと。すごいなーーーと。最初義経母が清盛の家乗り込んで行ったとき、えーーー!!!ってすごいツッコミ入れそうになりましたよ。そんなんアリか?!って。
そんな感じで…最初こそ色々驚きがあって楽しく見てましたが、源氏方・平家方に分かれて話が進んでくると、平家方のほう暗くて難しくて意味わかりませんでした。精一杯わかろうとするんですが、途中から1個意味わかんなくなるともう全然意味わかんなくなりました。何回か寝かけました。だからってなんか食いつきいいように作ってある義経の部下の行動もなんか生意気だな(笑)とか思いますし自分もアホです。

ヒロインについて、上戸彩が静だと思ってました。発表があった1年ぐらい前だか、えーーー嫌だなーと思ってそっからすでに思い込んでました。静は石原さとみでしたか。石原さとみなら許す。てかカワイイ。上戸彩はすごいかわいいと思いますけどなんか子供っぽすぎてすごい苦手です。石原さとみはあと、見慣れてくると棒読みに聞こえてくるのが難だと思いましたけどでも雰囲気出てるのですごいいい。絵面的にも、時代にマッチした顔ですごい似合ってると思います。
あと小泉孝太郎とオセロの2人もすごいイメージ上がりました。あんまり俳優として見てませんでしたけどすごい合ってます。イメージがいいといえば小池栄子と石原良純も。
一方役的にすごい嫌なのが北条政子。もうすごい嫌。(涙)義経見る目がいっつもニヤニヤしてるなーーと、こんだけドラマの役柄に関して云々言うのは珍しいです。普段は冷静に見るのに。ドラマ見てる限り政子がいなければ頼朝と義経の仲が悪くなることはなかったのかもとかうっかり思ってしまいます。しかし頼朝はホンマわかりません、なんで兄弟・親類をぞんざいに扱うのか… こんなこと思うくらいほんとヘタに感情移入して見てます。配分的に、いつ弁慶が云々なのか…とか。
しかし弁慶もなんか役柄的に地味な扱い受けてる気がするんですが。目立ってませんね。むしろ家来って弁慶1人だと思ってたのでそれもあるかもしれません。

中井貴一は、頼朝役だって初めて聞いたときあんまり好きというわけでもなかったのでちょっと残念でした。実際ドラマに初登場してきたときも、なんかこんな声かなり高くて威厳もなくていいのか?ってムカっときましたが(これはそういう設定だからなんでしょうが)、たぶんこれからひっくい声で義経ファンには嫌なことバンバン言ってくるんだろうなと思ったら色々許せました。そしたら今もう笑顔とか全然ないです。これはこれで眠さを誘う一因になりますがいいことです。
それにしても子供のときの頼朝役はすごかったですね!!これに感動したから中井貴一になったときすごくガッカリしたんですが、子役はかなりしっかりしてた。あんな子役ひさしぶりに見ました。一瞬しか出番がなかったのがほんとに残念です。
子役といえば義経の子役神木隆之介、よかったですね。滝沢秀明に似てますね。偶然なんでしょうか。

そんなかんじで。だらだらだっらだら書いてみました。
[PR]

by chemicalbird | 2005-05-27 22:03 | 芸能・TV  

<< カネボウ「sala」のCM キリンカップ 日本×UAE >>