カテゴリ:芸能・TV( 102 )

 

本田美奈子白血病で亡くなる

本田美奈子亡くなったんですね。さいしょに知ったのはふつーにNHKのニュースででした。ピアノマンのときもそうでしたが、結構NHKってやるんですね。(でもピアノマンはNHKで初めて見たときは何も違和感なかったけど、ワイドショーで完璧イメージワイドショーになった)

さいしょ「タレントの ~ さんが ~ 病で亡くなりました...」ってアナウンスが聞こえてきたとき誰の話だかふっと気になりました。特別興味があったわけじゃないですが、TV正面で見てた人に、え?だれ?って聞きなおして誰かわかったとたん、ええ~!!?と思いました。なんか気味悪かったです。死ぬ人じゃないと思ってたから。まあ寿命じゃない人以外はびっくりはするもんですけど、まだまだ若くてきれいで今もこれからも活躍する人だと思ってたから。(逸見政孝もそうだったなあ。TVに速報が出たんだよ)

実際翌日のワイドショーとかでインタビューの映像とかを見ると、まだぜんぜん生きてる人のようでした。この人のことは、特別思い入れがあるってわけじゃなく今回のことでアイドルやってたとかいうことを(まあなんとなくわかってたんですけどはっきりと)初めて知ったくらいです。でもミュージカルの人とかクラシックや声楽ってイメージなわけでもなく、1番のイメージとしては、ドリフでしたね。(笑)いや、これもはっきり「出てた」って印象があるわけじゃないんですけど、なんとなくあのへんの人とよく絡んでるのを見たなくらいで。子供んときはたぶんバラエティとかでよく見ました。
さいきんはほんとにふつーに(わりとしっかりした)歌番組とかで見ることもあって、ふつうのタレントだと思ってたのに歌うまいんだということもわかりました。さいきんケーブルTVざくざくっと見ててもアニメの主題歌とかやってるの見て、さいしょだれが歌ってるのかわかりませんでした。さいきんのアニメって中途半端に歌手の宣伝とかに使ってるのが多いのにこんな本格的な人なつかしいな~と思ってたらこの人だったってこともありました。それも結構さいきんだったんで、「さいきんの人」ってイメージが強いとこでした。なんでかなーってかんじで。

で続報とかネットでいろんな人のコメントとか見てると、やっぱりタレントの1人か って冷めたかんじじゃなくほんとに惜しまれてるかんじでほんとに惜しい人だったんだなってわかります。ブライアン・メイの公式でコメントとかすごいですね。なんか知らないことがポンポンわかってきてるかんじです。
[PR]

by chemicalbird | 2005-11-08 22:44 | 芸能・TV  

火垂るの墓のドラマ

火垂るの墓のドラマ気になって見ましたけど、節子役の子にはびっくりしました。子役でこんな演技できる人もいるんだなーと思いました。真に迫ってました。話の流れだけじゃなくって、なんかあんなすごい演技されたら心もゆさぶられまくりってもんですよ。
さいしょは、まあ忘れててちょっと途中から見たんですけど、清太と節子の2人のカットが映ったとき、もうアニメまんまで驚きました。それと別としても、それ以降もアニメとほぼ一緒の内容なんでカブりまくり。
印象ちがうといえば居候させてもらうおばくらいでした。松嶋菜々子。松嶋菜々子はこの役するのに勇気がいったような気がするんですが。人気のある俳優が、役柄の上とはいえ結構まだ判断のつかない子供とかには余裕で嫌われたりしそうなんですが、ようやったなーと。でも松嶋菜々子って有名な人がやることによって見るって人もいるだろうし、顔のよく知られてない人がやるよりさいしょっからある一定の好感度のある人がやる方が憎さと裏切られた感も増すっていうか、どうなんでしょう。
原作は見たことないんでアニメとどう違いがあるかわからないんですけど、アニメより今回の方がおばさんの立場がよくわかりました。アニメのおばさんには理不尽な怒りしか感じなかったんですよね。でも今日のだと1人でも家に他人がおらん方がじぶんの家族の食いぶちを守れるみたいな意思の強さがストレートに伝わってきて公平に見れたかんじがします。清太らを敬遠するようになってから徹頭徹尾、一貫した態度だったのには感服しました。
あと好きな場面だったのは(アニメにあったかは知りませんけど)清太が盗みをした場面を、清太を心配しにきたおばさんの娘(井上真央)が目撃したとこ。お互い好き合ってたから見られた&見たことにショック受けてたんだけど、店の主人にバレて清太が殴られてるとき「おまえも仲間か」って娘が迫られて思わず否定したとこここに、なんか凝縮されてる気がしました。すいません今すっごい一生懸命なにかっていうのが何か考えたんですが出てこなかったので寝ます。

あと気になったのは清太と節子の使う言葉でした。清太の言う「節子」がアニメでは「子」に高いアクセントあったかんじなんですけどドラマでは子下がってたんでショックでした。
それはそれとしてなんかじぶんの知ってる関西弁とはちょっとちがうっていうとこがいくつかあったのが気になりました。でも定期的にあれ?って思うとこがあったんで、あれはそういう兵庫の言葉なんでしょうか。なんか一瞬関東ぽいなーと思うとことか。


後日・
あといろいろつけたしてみますけど、エンディングはミスチルの歌の人っていうのは知ってました。数日前、ラジオ聞いてたらオフコースの「生まれ来る子供たちのために」が流れてきました。ふつうに聞いてたら、最後にこのドラマでバンクバンドにカバーされますみたいな紹介されてました。ちょっと期待してましたけど、やっぱ間近に原曲聞いたせいもあってかやっぱ原曲の方がいいなと思いました。ちょっと前に1回もんのドラマで小田和正がたぶん「言葉にできない」でエンディングやったのがありましたけど、そのイメージで想像してみたら、この原曲がここで流れてきたらちょっとうっと来るだろうなと思いました。

それはそれとして、ごはんのありがたみがよくわかりました。毎日汁みたいなものしか食べられなくて、お米がめっちゃ貴重で、ひさびさに白米が出てきたときごはんだー!!ってすごい感動しました。
なんかこういうの見ると一瞬とはいえ、今自分の回りに食べ物あって自由に食べられるってことに申し訳ないって思うし、おなかいっぱいごはん食べられるってことの重大さに気づいたりしました。でもこういう目のウロコが落ちた瞬間の気持ちって、持続しないんですよね。なんで忘れるのか腹立たしいです。

しかし節子役の子のプロフィールちょっと見ましたけど、1999年生まれとはビックリしました。いや、あれくらいの見た目ならそれくらいの年でもいいんでしょうけど、1999年ってノストラダムス云々でめっちゃ最近やん って余裕で思ってたのと、1999年に生まれた子があんな子になるんだ みたいななんか恐ろしい感動がわいてきました。
[PR]

by chemicalbird | 2005-11-02 01:15 | 芸能・TV  

この人より歌うまい人もダンスうまい人もいて、でも人気

倖田来未のちょっとした特集があって、若い女性に人気だとか、この人風のファッションが何系とか呼ばれて人気とかそういう特集みたいでした。
一瞬しか見てなかったんで全体にどういうつくりかわかりませんでしたけど、その一瞬見たのに、所属会社の関係者のインタビューがありました。こうだくみより歌がうまくてダンスもうまい人はいるけど、でもそのバランスがちょうどいい、だから売れる って話をしてました。まさかエーベックスの人がそう思ってるとは思いませんでした。浜崎あゆみのこともどう思ってるのか聞いてみたいです。嫌味じゃなくて、こういう趣旨で売り出そうっていうのが誰にもあるのかなーと。
[PR]

by chemicalbird | 2005-11-01 20:36 | 芸能・TV  

ケンタッキーのCMの女の子

d0000530_8534176.jpgケンタッキーのCMの子(五香醤チキン)が気になって気になってしょうがありません。
かわいすぎ。最後顔だけのアップがもったいぶって映されたとき、ホレた~!って心の中でさけびまくりです。(笑)かなりうざいです。

女性は、
 Lynn (リン)  23歳 身長178cm モデル
とのこと。
背ぇたっかっ。フェイ・ウォンも170以上あったと思うし、中国の(モデルの?)人って背高いもんなんですかね。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-24 23:05 | 芸能・TV  

明治チョコレート 「ショパン」のCM

d0000530_22461616.jpg
明治チョコレートの「ショパン」のCMがすごい好きです。

第2弾ですね。
1回目のは、「ショパン」って製品名にひっかけてか、ショパンを弾く若い女性に姑風に、お前がショパン弾くんは百年早いんじゃみたいに罵倒しておわりみたいなかんじで(正確には「『ショパン」』食べるのは百万年早い」だった)、セリフの言い回し1つ1つにはなんか気になるとこもあった気がするんですけど、流れ的にそれがなに?ってかんじで終わってました。



ただこれを踏まえてでの第2弾があるとは思いませんでした。
今度は立場が入れ替わるようにおば(←らしい)より姪が優位に物事を進めてるパターン。おもろすぎ。前のであまりにおばが理不尽にいじめてるイメージだったからその跳ね返りがいいです。

でも完全に急に立場が逆転してるわけじゃないってことに、おばが手を上げようとしたのがありますが、あの時点でまたやっぱおばが強しで終わるのかと思ったらどんでん返し(笑)。一番、おおこれはって思いました。
実際は最初見てて、あれ?なんで姪こんな偉そう?っていきなりのことにあんまりよくわからずにいたけど、「ショパンと一緒に溶けてしまえばいいのに」の一言ですぐ落ちました。

おばに頭があがらなかったんじゃないのかと思ってたのに、いきなりなんでこんな逆転してんのか  と思ったら、あらすじ見てわかりましたが、どうやらおば様はショパンを嫌ってるってことになってたからみたいです。そりゃーこうなるわと。(笑)
あと「ショパンのすべてがほしいくせに」もいいですね。(「臆病なおば様」も)いちいちセリフがなんかかっこいいですよ。姪の徹底振りもいいです。

夏木マリもいいですね。動揺の表情とか。
おば様のキャラにも俄然魅力を感じてきました。むしろ夏木マリの印象だけしかなくて、姪が松本莉緒だって今初めて知ったくらいです。松本莉緒好きなのになあ。(小沢真珠とかも好きなタイプ。わかりやす~い~)前回のCMで線の細そうな俳優だと思ったけど、松本莉緒濃いですよね。なんでわかんなかったんだろ。



これでなんかドラマできそうですね。ふつうに昼ドラのノリですし。
昔何とか4姉妹とかでホントに映画化したのとかありませんでしたっけ。まあそこまで期待しませんけど。これはこれで終わっててほしいって気もします。

しかし第3弾があるとしたらどんな内容でしょう。
もうこれで終わりってかんじは一瞬するんですけど、今から思えば2部構成をねらってでの1つ目ってかんじでしたし。3弾目なあ~~あったらおもしろいですけど、パターンが考えられません。新キャラが出たらなんか手詰まりってかんじもします。この2人でやるとしたら、また立場の優劣が基本にあると思うんですけど、たとえばめっちゃ仲良くなってるとか。(笑)
それはないとして、おばがまた下の立場で甘んじるのかどうか。なんにしてもピアノ絡みでのネタですね。パターン的に最初ショパンの曲を弾くってので始まってるんで、順番的におばではないとして、姪かそれ以外のだれか。あらすじ見ると、姪の母親の存在がなんか世界を広げそうです。っていうかそうか、なんでおば様がショパン嫌いかって焦点があるんですね。第3弾はこのあたりからの展開希望で。



あと商品名の「ショパン」が、アルファベット表記で「Chopin」じゃなくて「Chopan」なことにURL見て初めて気づきました。って別にパン風味のお菓子じゃないんですよね。チョコレートですね。単に商品名につけられなかっただけなんでしょうか。これからパンが出てくるなら許しますけど。商品が最初から2種類だけの予定だったんならちょっと残念。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-24 22:12 | 芸能・TV  

「刹那」の意味がはき違えられてることについて

例のさいきんよくある日本語の言葉についてとかの番組で、
森山直太朗の「さくら」とかに出てくる「刹那に散りゆく~」とかの「刹那」がもの悲しげにとかそういう意味で結構捉えられてるとかいうことを、この問題で知りました。私自身正しいって言われる方の意味だと思ってたんで、こういう問題があることでそれを知ってちょっとびっくりしました。(「遺憾」もそう。政治的には「お詫びします」(とかいう意味でしたっけね)ってことになってるって聞いて、素直に言葉どおりの意味に捉えてたのにほんとにびっくりしました)

で刹那ってなにがきっかけで勘違いされてるのかと思ったら、「切ない」と近いからなのかなーと今なんかのきっかけでふと思いました。自分もそういうふうに覚えられますしね。

でもこういうふうにずっと思ってたことが実は正しいっていう言葉と、ふつうに間違えてる言葉と、ホントに思ってた言葉が大半の人が思ってる勘違いだったりするのと、色々どれもあるんですごいややこしいです。「檄を飛ばす」とか、もう本来の意味のほうが何言ってるのかわかんない状態です。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-24 00:47 | 芸能・TV  

キッズ・ウォーの井上真央が花より男子に

井上真央はなまるマーケットに出てるの見ました。
もう免許とか取れるんですね。大学生になってたりとか。子役ってこういうとこで毎回びっくりします。(安達祐実もそう)辻+加護も知らん間に18になってたりとか、ちょっとずつ見てたらわかんなかったのにひさしぶりに見たら顔立ちも大人になってて微妙にびっくりしました。まああと同じ世代でいったら三浦大知もそうです。もうFolder時代が思い出せなくなってきてます。というか、もう別個に考えるしかできないことになってます。

花より男子は、タイトルとかだいたいの内容とか、昔アニメやってるときにちらっと見て知ってると思ってたんですが、ドラマの宣伝流れてくるとなんかあんまわかってなかったみたいだとわかりました。
今回はキッズ・ウォーとちがっていじめられる役か。バランスいいなあと一瞬思ったら、結構男言葉使ったりしてドスのきいたかんじで一緒だなと。F4とか、原作でも出てくる固有名詞なんですか?香港版でしか存在知りませんよ。

主人公が井上真央から変わった新キッズ・ウォーっていうのも最初ちょっとだけ見ました。新主人公の子、どうかな、まあ迫力あるのかな… と思って微妙に見てました。これから板についてくるのかなって。今日井上真央のキッズウォー1の映像見てると、やっぱこっちの方が全然迫力ありました。ちゃんと腹から声出てて。花より男子の映像見ててもいい声出てました。

ってかんじで、最近ほんとドラマ見ようと思っても最初の1回ぐらいで終わってしまうのが多いんですがこれもとにかく見てみようと思います。とりあえず今日のプロモで興味は俄然わいてきたので。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-21 19:33 | 芸能・TV  

バカなバラエティ

新聞の投書見るのが趣味なんですけど、
趣味っていいましたけどここ2日くらいでひさびさに見ました。

その2日連続でひさしぶりに見て、連続で「さいきんのバラエティはおもんない」って似たような投書がありました。レベルが低いとかただの芸能人の井戸端会議とか。まったくそのとおりだと思いますが。
私もだんだんバラエティ離れしてきてるのがじぶんでもすごいよくわかるんですが、たまにバラエティ見るとこういう内容だったりしていっそう離れていきます。さいきん気がついたのではフジテレビとかそういうの見る機会が多いです。24時間テレビだか27時間だか家族が見てたのがあまりにそういうノリで、なんかあきれたっていうかびっくりしました。
かといって昔がよかったかといえば、そういう思い出もないです。ドリフとか見てて、あーなんでこんなつまんないの毎週見なきゃいけないんだろって思って見てました。いや、今から思い出したら全然いい思い出なんですけど。

でも今だっていい番組とかだってきっと知らないだけであるんだろうし、じぶんはあんまり何も言えません。たぶん察するにおもしろいであろう番組って、お笑い系に少なからずあると思います。お笑いじぶん疎いんですけど、たまに見て爆笑しますし、ちなみに内輪ネタみたいな新規のファンを受け付けないみたいな人はとにかく苦手です。1回友達が好きで生で見せてもらったあるコンビがあるんですけど、周り爆笑なかったことがあります。

戻りますがその投書の中ではもっと視聴者の意見を新しい番組作るにあたって取り入れるとかそういうことすればいいのにってありました。そういうのって実際できるんでしょうか。できたらおもしろそうですね。結構バラエティとかでも見る人で目が肥えてる人とかっていそうですし。実際私のまわりでもお笑いに厳しい人とか多いですよ。てかほんとに私が知らなさすぎ。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-21 19:21 | 芸能・TV  

ドラマ「義経」をまた一気見

さいきんまた義経3ヶ月分くらい一気に見ました。
ようやく最近のに追いついてきました。

かと思ったらもうすぐドラマ終わりですか。そんなこと考えてませんでした。12月の最初らへんで終わるんですかね?思えば大河ドラマといえば「秀吉」でハマって翌年の「毛利元就」でガッカリして離れていって以来初めてマトモに見た年でした。来年とか、また仲間由紀恵とか気になる人も出ますし(去年も出てたんだったっけ…)最初の2,3回は見そうです。(そしてたぶんそれ以上は続かない)
と、そういえば北条時宗も見たことに気がつきました。渡部篤郎見たさに。出演者見たら、和泉元彌、渡部篤郎の次に渡辺謙がきててびっくり。渡辺謙、ラストサムライから知ったようなもんですしね。それにしても和泉元彌は、大して興味もないしとくに顔がいいとも思わなかったので当時はうっとおしいなあと思ってみてましたけど、数年後だか母と一緒に取り上げられたり、最近格闘技進出でまたワイドショーで見るようになってくると、あ、なんか意外とかっこいい顔してるんだんなと思ったじぶんがいます。まあ見ませんけど。

そういえば、今来年の「功名が辻」の公式で出演者ざーっと見て、今年の出演者もなんかいろいろおもしろかったなあと思いました。
さいきんビデオ見て出てきてビックリしたのは今井翼。タッキー&翼じゃん!って。すいませんふつうで。1回のみの出演でしたけど、なかなかいい役どころだし、演技もなかなか悪くなかったし好印象でした。
あ、あと後藤真希。もう最初えーーーって思ったけど、顔だけ見慣れてくると、昔初めてドラマ出てるの見たとき意外としっかりしてるんだなって印象と変わりませんでした。なかなかいいなと。

それとショックなことは、
大事な大事な壇ノ浦の回見逃したことです。9月11日。選挙最悪。(涙)(今から思うにはね。)というかNHKも無念だったでしょうね。一番の山場が唯一の放送時間変更っていうのは。1週前の次回予告で熱意が伝わってきましたもん。ていうか一番の山場って口にしたとたんまた急に悔しさが思い出されてきましたよ。この1月から見出した分で見逃したのは、清盛死んだとこ以来です。もう総集編見ないわけにはいかなくなってきました。

あと、今見たとこは、
なんかいきなり終盤がほとんど回想シーンだったっていう「腰越状」の回まで。
もう悲しく悲しくなってきましたよ。じわじわわかってきたんですけど、壇ノ浦の合戦の次の回で義経のセリフにあった「もう戦さはないから自分は必要ないんだ」みたいな一文で、ああもうあとは転落なのか!と!もう破滅ばっかりなのか!と目の前が一瞬暗くなりました。ドラマ見る前から覚悟してたはずのことが、活躍につぐ活躍ですっかりボケてしまってました。
は~~、だからもう見るの嫌なんですよね。いや、見るんですけど、楽しいことがないと思うと。でも真の義経好きの人っていうのは、その転落も愛してるんだろなと。じぶんそこまでムリですよ。

あと義経の滝沢秀明は、恐れ多いながら(←義経に対する態度だ(笑))さいきん演技うまくなってきたなーと思ってました。でも、ホントに変化があったのか、それとも視聴者として慣れてきてしまったのかどっちかと思ってたら、今回の回想シーンで確信しました。後者だって。(笑)
でもやっぱり、当初に感じた顔の良さが演技の良さにつながるみたいなことは、変わってない気がします。カバーするっていうのじゃないけど、ほんとに顔がそこにあるだけで、感情に訴えてきたり、威厳が伝わってきたり、もろもろするわけです。
このへんまで見てきて、結局滝沢秀明が主人公でよかったなと素直に思います。

ってかんじで。
もうマジで毎回DVDに焼いてたりするんで、結構熱心は熱心です。話あいかわらず意味わかんないとこだらけですが。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-21 00:06 | 芸能・TV  

日本語の番組多いですね

さいきん狂ったように日本語の言葉の意味はどうだとか知ってるかとかいう番組がやってますけど血液型の番組に台頭してきた印象です。これならなんも文句言われないだろうみたいな。おかげで結構何回かカブってるの見たことあります。でも基本あんまりためになる話はないんですよね。掘り下げないというか。あんまり積極的に見る気はしません。
[PR]

by chemicalbird | 2005-10-12 20:49 | 芸能・TV