「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 07月 ( 75 )   > この月の画像一覧

 

東アジア選手権 開幕

コンフェデですごい満足してて、東アジア選手権なんかなんか楽しみじゃないなあ、今なんか仲悪いし とか悪態ついてましたけど、実際近づくにつれてかなり楽しみになってきました。なにより今までジーコが呼んだことのない、まさか呼ぶまいと思ってたような人たちが招集されたことが大きいです。とくに巻!巻に出場機会を!
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-31 17:49 | サッカー  

日刊スポーツにスコットランドリーグ・ガイド

d0000530_17432799.gif中村俊輔のスコットランドリーグ移籍で気になってたスコットランドリーグの存在、イングランドのプレミアリーグとはどうちがうんだとか言ってましたが、具体的に地図見ることによってなんかなんとなくわかりました。

そういえばイギリスって4つにわかれてるらしいですけど、正直深く考えたことなかったので、イングランド・アイルランド・スコットランド・ウェールズってそれぞれ島でわかれてるのかと思ってました。地図見てあらためて感心しました。めっちゃ地続きですね。しかもウェールズ思ったより小さい。アイルランドだけ島で離れてるのは、なんか納得というか。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-31 17:45 | サッカー  

AOR 「Bliss Band」 ←ブリスさんのバンド

AORってジャンルがさいきん好きだと気づき始めた私。

兵庫のFM局(FM COCOLO)の土曜の夕方にある番組、アダルト・オリエンテッド・レディオって番組がちょっと楽しみです。そろそろ毎回録音しようかと思い始めるんですがMDがないのでそこに至らず。
もう毎回聞くたび、じぶんAORがすべてなんかなーーと思うくらいカッコイイ曲ばっかり流れてくるんですが、今日も今日とてすごいかっこいいのが流れてきたんですけど、それ誰さんって人の曲なんだろ って耳をすませてみたら、次にかかった曲のほうがさらにもっと一気に気になりました。もうすでにそっちのことしか頭にないです。局のサイトでオンエア曲確認できないので、ホントに曲の終わり集中して聞いてたら、やたら明るい調子のCMが流れてきました。CMかぁ~~~!!

もう名前よばれないと覚悟したらやっぱりCM明け、次の話題でした。
もうこれだけはホントこの局イヤ。とホントあきらめてたんですけど、ふとしたキッカケで番組の独立したサイトがあることを知りました。その日のオンエア曲一覧がある!!!うわーーすごすぎ。ふつうのラジオ局よりすごすぎ。(あっという間に手のひら返す…)

Bliss Bandってグループの「On The Highway」って曲だとわかりました。ちなみに1曲前にかかったやつも今気づいたらおなじグループの曲でした。一石二鳥!(か?)

他の曲試聴しようとおもって、
海外の歌手なら海外のサイトのほうが確率高いだろ とAmazon.comに行ってみましたけど、検索結果自体おどろきの少なさ。そんな活躍してなかったひとなの?と思ったくらい。その少ない2枚くらいの結果を恐る恐る1つずつクリックしてみたとこ、両方試聴1曲も不可能!

おちついて考えてみて、そういえば曲かかるまえに
DJが「イギリスのスティーリー・ダン」とか言ってたのを思い出して、イギリスのAmazonだ!と思って行ってみたら出てくる結果がさらに少ない…。さらに曲目一覧もない。まあamazon.comの方がもともと充実してるだろうしなあ、しょうがないなあ…

d0000530_21492384.jpgとちょっと絶望的な気分になってきました。
ダメモトで日本の検索エンジンで検索してみたらふつうに日本の公式っぽいとこが出てきました。なんだ公式あるのかって見てて、まあ試聴できることは期待してなかったんですけど、実際今日ラジオでかかってた2曲は試聴できなかったんですけど、もう1枚の数年前出たアルバムが1曲だけ試聴できました。なんだこれ。

とりあえずわかったのはやっぱ数十年前から活動してて今日かかってた2曲は、数日前に新しく出直したデビュー・アルバムからだったってことです。10曲だけど、でも2000円弱は安いかも。正直ほしいです。

ふしぎなのはすごい有名っぽいのになんで海外・国内(のほうがまだいい)で情報が出にくいのかとか、あと「セリーヌ・ディオンや松田聖子、中村雅俊らに曲を提供し」の「松田聖子、中村雅俊」が微妙に気になるとこです…



あと収穫は、上のWikipediaのAORの説明サイトで、「山下達郎がAOR」って書いてあったことです。山下達郎はAOR系だったのか… って初めてなんか実感してます。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 21:32 | 音楽  

日韓共同制作ドラマ 「フレンズ」をちょっと見た

d0000530_1735294.jpg日韓共作のドラマがW杯の前後とかにいくつかやってたなと最近思い返すことがあって、機会があれば見てみたいと思ってました。
ら、TBSのデジタル放送で深田恭子とウォンビンの「フレンズ」っていうのがやってました。これはと途中から見てました。

さいきんよくやってる韓国のドラマよりも見やすそうなかんじでした。深田恭子韓国で人気あるとかないとか聞いたことありますけど、これはかわいいなーと。あとビックリしましたが矢田亜希子も出てるんですね!なんか華やかなかんじです。
しかも小澤征悦…。NHKの朝の連ドラ「さくら」かなんかでの印象だけが強かった小澤 征悦、さいきん大河ドラマの木曽義仲でようやく他のイメージがつきました。と、いうか、もう武将の顔にしか見えません。武将顔。現代のドラマにも出るんだーとかぼーっと考えてました。

小澤征悦といえば、ウォンビンと英語で会話する場面がありました。
日本語が通じないとしって苦肉の策、みたいな、ゆいいつ通じるなら稚拙な英語しかないな みたいな(雰囲気だと思ったんですが自分は)流れだったんですが、「アイ、アイ…」とつまりながら以下英語うま!そういえば前プロフィールだか見たときにどっかに留学経験あったんだっけ… と思いかけてて今なんとなく検索してみたらアメリカうまれ?!すいませんそらふつーにうまいわと。一瞬英語しゃべれるからこの役抜てきされたの?まで思いました。(いや、武将のひとだと思ってるから… ってさらに武将からイメージ遠のきましたよ。武将をかえせ!)
あと「父は指揮者の小澤征爾」の一説には、なんか毎回見るたびおどろいてる気がします。なんか知ってるような、でも初めて見たような、そんな新鮮なおどろき。とにかくふだんからいかに小澤征爾の息子と思ってないかがわかりました。あと小沢健二のいとこっていうのは… これはさすがに初めて知りました。いとこといえば槇原敬之とローリー寺西ですが… と思い返してこっちのほうが驚きは小さかったです。



で「フレンズ」の内容ですけど、
とりあえず今いっとくとちょっと見たドラマの内容でタイトルがまったく連想できません。印象が弱すぎるんですが、最後まで見たうえでのタイトルなんでしょうか?ともかく… 前・後半とあるらしいのの前のほうだけちょっと見ました。

深田恭子もウォンビンもおたがい好きなんだけど、その他に主役2人に一方的に好意もってる人がそれぞれいまして。深田恭子が先に韓国にウォンビンに会いたくて来たとき、そのウォンビンが好きな子が深田恭子来たことだまってるんですよ(たぶんその子しか知らない?)。それを白状したとたん、いきなり外にウォンビン青春して走り出してその場は深田恭子に会えると。
逆パターンでウォンビンが日本来たとき(ちゃんとTV的に友好的だなあ)、深田恭子の職場に何時に深田恭子に会いに行くから伝言たのむ って伝えた相手がおなじ職場の小澤征悦ですよ!(これが言いたかった)流れを読んだように深田恭子への伝言は伝えません。このだんどりがいい。(笑)もうかなりそうかと思ったけどやっぱりそうなんかい!っていう水戸黄門的おやくそくのながれ。

日本と韓国同時放送とかみたいですけど、
そう意識して見ようとしたら、まず日本語と韓国語の場面は半々くらいじゃないとだめだよな…と見てました。ホントにそんなかんじ。でも日本語部分には韓国語字幕が出て、韓国語場面には字幕がつかないところを想像したら、あたりまえなんだけどなんかすごいふしぎなかんじです。今こういうドラマ放送されたら私なんかふつうに受け入れられそうなかんじなんですが。もう共作はやらないんでしょうか?

ところでウォンビン、なんか好きなのかきらいな顔なのかとにかくかっこいいとは思うんだけどよくわからないと思ってたら、これを機会にずーっと見てたらやっぱかっこいいんだなと思いました。だれかに似てると思ったら佐藤隆太にたまに似てますね。三枚目の佐藤隆太を二枚目にしたかんじ。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 16:46 | 芸能・TV  

Daft Punkの「Technologic」のPVを見た

d0000530_16261985.jpgiPodのCMでよく聞いてたDaft Punkの「Technologic」、
曲は知ってたんですけどPVこのまえ初めて見ました。

最新アルバムの「Human After All」の先行シングルになっただか一番目立ってた「Robot Rock」ありましたけど、それより確実にロボットロック。力説。歌詞があるのが大きいかもしれません。声が入ってそれが加工されてたらイヤでもロボットに聞こえますもんね。(←それは曲だけの印象じゃ…)でPVは、これが拍車をかけるんでしょうけどやっぱりロボットロック。(強調しすぎ)

しかもキモカッコイイ!もう気持ちわるい気持ちわるいもしくは怖いといいながらずっと見てました。口のアップが怖すぎ。いや、カワイイんだけど… アップになったとたん怖くなるという。PV日本の公式では見れないのか…。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 16:30 | 音楽  

Green Dayの「Wake Me Up When September Ends」

d0000530_168561.jpgGreen Dayって「American Idiot」で初めて聞いて、ほんっとに何とも思ってなかったんですけど、あまりに何回も何回も流れて耳慣れてくるとようやくなんか好きになってきた くらいパンクあんまり好きじゃないです。(ついでに日本のビジュアル系も好きじゃないので見た目でまず敬遠)

=Green Dayにもあんまりいいイメージもってなかったんですけど、変わって最近よくPVとかが流れてる「Wake Me Up When September Ends」(ウェイク・ミー・アップがタイトルかと思ってた)は、これも最初こそなんともおもってなかったんですけど、2,3回聞いてきてメロディ覚えたらすごいいい曲に聞こえてきました。PVも、どういうコンセプトか知りませんけどヘタになんか曲の印象と連動してます。

とにかくラジオとかから流れてくるたんびに「♪うぇ~いくみあーっぷ」とくちずさんでます。ホントにここしか知らないです。しかも「American Idiot」とおなじアルバムとは思いませんでした。だいぶまえからある曲じゃないですか!
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 16:16 | 音楽  

足がかゆい

足首から先いきなり何ヶ所かかまれました。
足の裏とかもう最悪です。もうさっきから打ちながら足の裏ばっかりさわっててあれなに書いてるんだっけと思ったこと数回。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 16:04  

「ジョン・レノン・スーパーライヴ」の出演者

ジョン・レノン・スーパーライヴ」の今年の出演者見ました。

奥田民生、YOSHII LOVINSON、LOVE PSYCHEDELICO、Puffy、BONNIE PINK、曽我部恵一、小柳ゆき、杉真理、押葉真吾など

だそうですがなんか今までの印象よりぜんぜん好きな人多い気がします。(ちなみに知らない人が何人か…)ふつうに見に行きたいと思いました。でも東京なんですよね…隔年ぐらいで関東以外でやってくれてもばちはあたらないと思うんですが。

今までより好きな人が多い気がする って書いてみて、
たぶんここ1,2年の印象しかないと思うので公式で過去の出演者をちゃんとさかのぼってみようと思ったら第1回目の開催の出演者は
坂本龍一、山崎まさよし、杏子、大貫妙子、トータス松本、キリンジ
など。(←って知らない人と興味ない人は飛ばしたぞこいつ)
そういえばTVで見た記憶があります。かなり満足したんですけど、2回目以降が、確かにたぶん好きな人はいるんですけどそれ以上になんで?っていう人が多かったので年々不満が積もっていってました。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 16:02 | 音楽  

「皇帝ペンギン」がアメリカでヒット

仏ドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」が米で大ヒット
(フランス映画だったのか…)

d0000530_14532392.jpg皇帝ペンギン」、存在自体は1週間くらいまえラジオで皇帝ペンギン皇帝ペンギン連呼してたことから始めて知りました。(チケットプレゼントとかだったのかな)

そしたらその後映像とかでもちらちら見たりして(ペンギン自体は前から見てたような気もするけど映画とは知らなかった)、あと家族で1人見たい見たい言ってる人もいて私も最近急に興味出てきてました。数日前の「星になった少年」とどっち見ようかぐらいのとこまでいってました。
でもやっぱ記事で初めて人気あるってことがわかったらまたとたんに見に行きたくなりました。足元の子ペンギンがカワイイんですよね~~~ ←映像の印象これしかナシ

ところでペンギンってすっごいお得だと思います。
見た目がなまじカワイイだけにすごい構われてますよね。見た目がかわいくないってだけで敬遠されたりなんの興味ももたれなかったりしますからね…。スポーツ選手とかもしかり、世の中見た目だなってつくづくおもいます。(何言い出すんだろ急に)
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 14:59 | 映画  

「UVERworld」ってドイツ語?

UVERworldってバンドが新しく出てきたみたいですけど、
「UVER」の解説にUVERはoverのドイツ語 ってよく聞くんですけど、ホントに「uver」ってつづりだったら「ウーファー」だと思うんですけどホントに合ってるの?って違和感がありました。(ついでにドイツ語と英語まぜる必要があるのかってことと。weltでいいじゃんってそれはまた別だけど)でなんとなく調べてみました
「uver」ないんですが…
ウーヴァーって読むなら「uwer」なのかなあと調べてみましたがこれもありませんでした。(確かに見た目も変だし)

本格的に気になってきてoverをドイツ語に直してみようと適当な機会翻訳で直してみたら「rüber」って出てきました。rüberって…さらにuverと遠い気がするけどoverの意味なのかなあとさっきのドイツ語辞書で検索してみたらそれらしい意味がでてきました。overといっしょの意味かはわかりませんけどなんとなく自分のなかでは納得。するとuverはなんなのか…って疑問がのこります。

ところでフォルクスワーゲンの「volks wagen」は英語ならヴォルクスワーゲン、ドイツ語ならフォルクスヴァーゲンとかよく聞きますけど、混合してるのって日本だけなんでしょうか。それともフォルクスワーゲンであってるんでしょうか。ずっと気になってるんですが。
[PR]

by chemicalbird | 2005-07-30 11:36 | 言語とか文化とか