<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

「やわらか戦車」ブーム

今日ニュース番組でやってて初めて知りましたけど、「やわらか戦車」ってフラッシュが微妙に人気だそうですね。

特集で気になったので見てみました。
ちなみにこういうのって、あんまり見ない方なんですけど。

d0000530_20492797.jpg素直な感想ですが、期待したほどおもしろくはありませんでした。話の流れとしては。ただ細かなネタとかキャラの振りまく愛嬌はすごく好きになりました。
やっぱ気になるのは戦争ネタへのツッコミの少なさなんですけど。もっと風刺的なもんかと思ったんですけど、ごまかしきってそれはなさそうなかんじですし。せっかく「戦車」って銘打ったんだから、もっと生き死にについてのオブラートに包むんだけども痛烈なメッセージとかって何期待してんでしょうね。

まあ思ったよりキャラクター重視ということで。
あと正直見た目に関しても、正直街頭インタビューでもあったとおり第一印象では「あんまりかわいくない」と思いました。あとでもこうやってストーリーとか音に乗ってきたら親近感もわいてきます。


特に曲が好きです。
テレビで見た段階で、ちょっとメロディが頭に残りました。「や~わらか戦車♪生きのびたい♪」って口ずさみながら検索してました。

1話あたりの短さも魅力です。
最初何分間の映像か知らなくて1話を見たんですけど、オープニング曲があって、その次本編が始まるかと思ってました。だから最初、アレっ?と思いました。
でも逆に話が進むにつれて5分とかになってきたら、長いんじゃないのー?と思ってクリックすることもありました。まあふつうに考えたら、短いんですけど。

声とかも作ってらっしゃる本人が吹き替えしてるってことで、音楽もなんですかね?すごいですね、歌のキャッチーなかんじといい詩の乗り方といい。言葉の選び方もいいです。こういう人なんか憧れますよ、短い言葉で人をつかむという。言葉だけうまい人なら結構いると思うんですけど、それに音楽が乗ってるのが強みですよね。
それが、そういうかんじで進むのかと楽しみにしてたら3話以降あんまり歌重視じゃなくなったのですこし残念でした。

とにかくこういうのがあるんだなーとちょっとびっくりしました。
ちょっと前はGIFアニメとかでこういうことやってる人見たもんですが、今はフラッシュなんですね。たぶんフラッシュのアニメが一般的になり出したころに、1つの連載ものを見ることがあったんですが、(作品作る側の)技術の印象がそこで止まってます。ここまでホントのアニメっぽくできるとは知りませんでした。他にもなんか探していきたいです。



ところでたぶん特集の映像で、製作者の人(たぶん製作者の人)が街頭インタビューに帯同したりしてるとこを見たんですけど、ネットでホントに14歳だと思ってる人がいて微妙にびっくりしました。あの人は14歳には見えないなあと… まあ自分も順番が逆だったらそう思うんでしょうけど。お子さん2人いるって言ってましたっけね。

***

というか最近とにかく、こういうキャラもんに異様に弱いです。
最近saku sakuっていう神奈川限定とかの番組を初めて見ましてそれに微妙にハマってます。キャラ自体は、前から色んなとこでちょくちょく見てて知ってました。(テレビでもたまたまつけたのに番組が映ってたりして(木村カエラが出てるーとかで気になってたと思うんですけど))ただそれが、ホントにおもしろいキャラかはわかりませんでした。
それが5分でも見たとたん、ホントに心底好きだ!と思えました。声当ててる人、通称黒幕っていう人らしいですけど、しゃべり相当キレてますね!結婚してほしいくらいです。

それはともかく、あとはもう番組自体終わってしまった(ということになってる)んですが、音楽専門チャンネルの「Our Favourite Shop」はホントにたまたまチャンネルつけてキャラが気になったから見始めたもんでした。これもパペットで。

どちらも似たようなもんだと思います。人形を通して毒づくっていうかんじの。(しかも話のレベルも高い。しゃべってる人の過去の歩んだ歴史を知りたくなる)
声はもちろんあの加工された声で。加工声はやわらか戦車も同じですね。もしかして加工声に弱いのかな?
2つの共通項をむりやりひねり出そうとしてますけど、人をくったような小馬鹿にしたような演出・しゃべり方とか、とにかく脱力したかんじとか、そういう点でも似てます。

こういう番組が全国区の民法とかで、なんかあんまり存在を聞かないのは、それもおもしろい話ですね~
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-24 20:42 | ネット  

オシム 「代表とクラブは同じ皿の料理を食べる間柄」

オシム監督、クラブと関係強化へ=「語録」で共存訴える
「代表とクラブは同じ皿の料理を食べる間柄。利害が一致しないからといって料理につばを吐くと、それを食べることになる」
ということで、つばを吐くってなんか今までになく過激だなー(っていうほどでもないけど)と思うと同時に、なんかわかるようなわからないような?というかんじでした。


Yahoo以外の記事を探してみようと思って検索かけたら出てきました。

オシム新監督、名物「語録」で主導権握る
「同じ皿から料理を食べる間柄。一時的な利害の対立でつばをかけ合えば、自分もそれを食べることになる」
お~~なんかちょっと補足されたかんじ。オシムが監督になってからはっきり知りましたが、当たり前っちゃ当たり前なんですが新聞社(とかテレビ局)によって微妙に翻訳がちがうのでそれぞれ受ける印象もちがいます。
同じ発言内容が載ってたら、これはこっちの方がニュアンスが近いんだろうなーと切り貼りして想像することも多いです。「お互いつばを吐き合えば」ってことなんですね。

それはともかく、オシムがいうJリーグと代表がもっと密接な関係を持つっていうのはJリーグ見てる者にとってホントに理想なのでこの手の記事を見るたびにうれしいです。メディアのJリーグ軽視(というか無視)はすさまじい力を感じます。他の競技もそうですが、国際試合だけピックアップすればいいやってかんじですしね。



そういえば、サッカーのW杯終わったころ新聞で特集があって、W杯のメディアの取り上げ方はどうでした?みたいなものに購読者が応えるってもの。
「写真が大きすぎてスポーツ新聞かと思った」っていう批判的なものから、「日本以外の選手もとりあげてて他の出場国にも興味が持てた」とか「4年前の日韓大会よりメディアは成熟したんじゃないか」とかいう好意的な意見がバランスよく載ってありました。

その中で何気なく気になったのは、
「トップにW杯の記事がでかでかとあって、他に重要なことはないのかと心配になった/ムカついた」的な意見でした。いずれも年配~中年の方が多かったと思いますけど。

それを、今回の高校野球に置き換えたらどうでしょうか?
たぶんその年代の方はサッカーほど文句はないと思うんですよね。あくまで想像ですけど。

そのときは高校野球の大々的な報道はなかったんでそれとは比較しませんでしたが、とにかく数十年後には、「サッカーのW杯の記事がトップなんて…」っていう人が今より少なくなることを期待してます。
むしろいつも期待してます。Jリーグ発足当時いくつだった子供がいまいくつで… とか、日韓大会のときの子が… とかなにかしらにつけて頭に浮かびます。妄想好きなんです。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-24 20:12 | サッカー  

OK Goの「Here It Goes Again」 PV最高

こんだけひと時も目を離さず見るPVっていうのも少ないです。

d0000530_16542555.jpgOK Goの「Here It Goes Again」という曲です。(映像フル)おもいっきり途中からの半分くらいから見たんですけど、一瞬何?と思いました。状況が把握できてからは、ホントにこの人ら歌ってる人本人?っていうことがすごく気になり始めました。結局見終わってからも、本人じゃないんじゃないの?と疑ってます。

と、いうかノーカットっていうのがすごいですよね。もしかしたらぼーっと見てたら気づかないとこでカットが入ってるのかもしれませんけど(100sの「扉の向こうに」とか。←映像が見つかりませんでした)。
真ん中通過するのも好きです。最初に通ったとき、そこ通んのかよ!とベタなツッコミを入れました。画面に奥行きというか、横なんで奥行きもなんもないんですけど広がりが出るもんですね。

あと役割分担できてるのも好きです。痩せ型の2人とあんまり機敏な動きができなさそうな2組にわけて振付けさせてるのが。なんかキャラ覚えてしまいました。

ああ、なんか2回目見てると色々気になることも増えてきたんですが、ある1人がちょっとした行動をとるときとか、それはフリに入ってるのかアドリブなのか、ホントにフラついたのかどうなのかが気になります。アドリブなんか入れてる余裕ないと思うんでフリだと思うんですけどってすごい勘ぐってるんですけど。
メイキング映像とか見てみたいです。どんだけ苦労してるか想像つかないんで。
あとこんだけ1人でもミスしたら大変そうなのに、皆動きが縮こまらず堂々としてるのが好きです。

好きなフリ(笑)
●奥からスケートのように歩いてくるやつ
●全員がまたの間を通り抜けるやつ

d0000530_1762419.jpgそう、OK Goって、すごい名前ですね。PV途中からずっと見てて、名前と曲名覚えるぞって意気込んでたとこにあまりに覚えにくくてびっくりしました。名前となえながらここまで来ましたよ。
曲は、こういうPVでなければもうちょっと耳がいったんでしょうが映像ガン見すぎて正直あんまり思い返せません。とはいってももう1回聞いたらちゃんと覚えてはいると思うんですけどね。

アルバムの曲がHMVのサイトで視聴できるんですが、邦題に置き換えられててこの曲があるのかどうかわかりません。(汗)
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-24 18:52 | 音楽  

バスケ日本代表監督とオシムは知り合い

d0000530_1784754.jpg今スラムダンクの再放送をまたちょくちょく見てて、バスケのワールドカップもその延長でなんとなく1回見てみたんですが、そのとき今現在の日本代表の監督を初めて見ました。なんか、なんとなくオシムがカブって見えました。風貌とか物腰が似てたんでしょうか?でもしばらく見ると、一見そういう風に見えないのにいちいち選手をその場で褒めたりしてたので、やっぱり似てないやと思いました。

その後Yahooのインタビューでまさかのオシムの文字を見つけたんですけど、実際じぶんだけじゃなく他の人もオシムを連想する人がいたようで、なんか安心しました。クロアチア出身ということで故郷も近いようですし、実際風貌は似てたんでしょう。(テレビで監督を「ジェリコ、ジェリコ」っていうので、名字の「パブリセヴィッチ」を聞いてたらまたピンと来てたかもしれません。といか、名字がややこしいからファーストネームで呼んでるっていうのがわかりました)

あと名将という点でも似てるそうです。
どちらにも共通することで、なんでどっちも後進国の日本にわざわざ来てくれたの?信じられないってレベルだそうです。なんか急にジェリコありがとうってかんじです。
あと「走れ、走れ」っていう点とか、だそうです。
ジェリコ日本も走れ走れ、初の決勝Tへ守って速攻だ…バスケ世界選手権




バスケほとんど初めて見てみて思ったのは、とりあえずサッカーと似てるってのがわかったってことです。
最初にピンと来たのが、ディフェンスについて「ゾーンか、マンツーマンか」と話題になってたことです。もうまんま、サッカーじゃんということで。あとよく見てみると、同じ1つのコートなんだけど相手ボールになったらすかさず攻守の切り替えが行われるとことか。パスもドリブルもゴールに向かってのシュートも同じだし、共通点だらけだと。ちがうのはコートの大きさと手を使うってことくらいに見えます。
素人でもちょっとちがうと思ったことは、「攻守が切り替わった」時点で、その時点でボールを持ってる選手に誰もプレッシャーかけにいかないことです。これはサッカーの感覚で見てたら考えられないことでちょっとビックリしました。

とにかくなんかおもしろいってことはよくわかりました。
ところで2戦目のアンゴラ戦で初めて見て、日本が勝っててその上で解説とかがちょっと余裕ですねとかぶっこいてたので、途中でちょっと体調もちょっと悪かったこともあって安心だしちょっと休みにいこと席を外してたら終わってました。後日その後負けたのを知りました。なんか、ぜんぜんちがうけど自分が最後まで見なかったのが負けた原因?とかってちょっと思ってしまいました。それだけなんですけどね。その後見ない試合も勝ちましたし、あと1勝できれば(キツイそうですが)決勝トーナメントに進出できるってことで一抹の期待を投げかけてみます。




ところで、せっかく日本で開催してるワールドカップだっていうのにこの盛り上がりのなさはなんでしょうね。バレーはなんか異様にもりあげてるっていうのに。(かといってそれと同じような盛り上げ方はすごく嫌なんですが)
バレー、最近よく中継してる放送の仕方はすごく苦手です。1回ちょっと人気らしいし見てみようとチャンネル合わせてみたことがあります。冒頭アイドルが歌うたってて、試合中は延々とニッポンニッポン言ってる様子を見て、ちょっとなにもかも嫌になってその後は1回も見てません。歌は百歩譲って(こちらで見る時間を調節すればいいことだから)いいとしても、試合中の音は消音にでもしないかぎりどうしようもないので、とりあえずこのテレビ局の中継は向いてないなということで落ち着いてます。どうちがうんでしょうね、サッカーとか野球とかと。やっぱり会場の広さの面でしょうか?そのトラウマのせいで今回なかばバスケを見るのが怖かったんですが、心配には及ばず安心しました。全員若い女性の声っていうのが、またなんともいえず不思議なかんじなんですよね・・
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-23 23:54 | 他スポーツ(テニス・相撲等)  

幼児シュレッダーで指切断

幼児2人 シュレッダーで指切断

昔包丁ってホントに切れるのかなーと思って親がいないときおもむろに台所で包丁取り出して刃先を指でつーっとなぞってみたことがあります。すると想像どおり痛くもなく、切れるでもなく、なんだ包丁切れないじゃんと思ったのも一瞬、2,3秒後にはパカッとなってて痛さも感じました。軽くホントに字のごとくなぞる程度だったんで教訓にはいい経験でしたけど。(なんかわかんないけど、人体は切れないんじゃないかなーという伝説をつくりあげかけてた)
実際このころ自分の家にシュレッダーがあったら、自分も指入れてたかもしれないという想像をしてしまいます。大人の想像できないとこに子供は興味を示して、深く考えず(というか結果が到底想像できない)実行するもんだと思うんですがとにかくふびんです。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-23 23:29 | ニュース  

アジア杯 イエメン戦

正直ちょっとがっかりしました。選手に。前回前半で見たワンタッチパスとか流れのいいパスはどうしたのかなってかんじです。相手が引いてたっていうのがあるんでしょうけど、それでもなんかもうちょっと選手が動いて受け手としてがんばるとかあったんじゃないかって、素人的には思います。でもまあ先週の初戦でヘタに急にうまくいってたから期待しすぎたっていうのはあるんでしょうけど。これからですね。
NHKで見てたらインタビュー最後まで放送してましたけど、オシムってあんなに長くしゃべる人だったっけと思いました。1つの短い質問に対して、1分くらいを3回ぐらいずつ答えてたんじゃないでしょうか?通訳泣かせだなってかんじで。(もともとそうでなくても泣かせてる印象)ただ言ってることはウィットとかはぜんぜんなくあたりまえというかふつうのことでした。その中でも印象に残ったのが、「マスコミや観客に理解してほしいのは、世界には簡単に勝てるチームはないのです」みたいなかんじの答え。ジーコ時代にはまったくなかった流れですね。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-16 21:48 | サッカー  

FFの実写版

を作ってる人がいるのを知りませんでした。
これ

もう一番始めの4人が連なって歩いてるとこ見て、一瞬CGかなって思いました。最近のCGってすごいなー本物と見分けつかないよとか思ってたら家の中に入ってアップになって人間だってわかったとたん、この映像の意図を理解しました。(正直何を見てるのかわかってなかった)

場面が変わるごとにフェードアウトしていくとことか、4人くっついて歩いていく動き方とか、あと家入ったら人が固定された場所に立ってて、あらかじめ設定されたセリフを一方的にしゃべってあとは関与しないっていう現実にはありえないけどゲームでは定番の雰囲気作りとかもホントに感心します。



あと爆笑したとこ
●戦闘入る前の風景の入れ方
●戦闘中何もしてないときの敵味方両方の動き
●攻撃受けたときのリアクション
●ポーションはペットボトル出してくる
●攻撃したら「Miss」
●混乱状態で味方に攻撃

●相手やたらHP高いw
 これは実際ゲームプレイ中も思ってたことだけど、
 そんな3ケタ単位の攻撃味方に連発されてたら何回も死んでるw
●混乱状態のやつ1人だけ生き残るwww ←モロリアルタイムで箇条書き追加中
 あるあるwみたいな。
●そいつのショボい攻撃で死んだww どんだけ爆笑させるんだ
●すでに箇条書きですらなくなってきました。CGすごい



ホントにこんなんで声出して笑ったのひさしぶりです。
FFは5~7やってるんで、たぶんちょうどぎりぎりこのパロディも理解できる内容だと思います。(ちなみに2と8は持ってるけど挫折)
しかしこんだけFFが楽しかったことひさしぶりに思い出さされました。8はホントに、つまらなすぎて途中で投げました。内容が問題ってことじゃなく、製作者のプログラム通りにプレイすることの閉塞感をかんじたから。ちょうどインターネットにズブハマりだったとこですしね。
10とかもそれ以降も正直ちょっと興味あるんですけど、PS2持ってないのをいいことに手を出せずじまいです。あんまりいい評判も聞きませんし。



見直して見て思いましたけど、冒頭のBGMクロノ・クロスのアナザーワールドのフィールド音楽とかですよね。それ以外のBGMは戦闘開始時が5って意外はぜんっぜんわかりません。







ところでこの前親戚の子の家に行ったら、DS持ってるんだーって話から何のソフト持ってんの?って話に発展しました。
パステルカラーのカワイイ小動物系のソフトをいくつか持ってたりして、やっぱり毎年会ってるけど子供だな~^^ って思ってたら信長の野望が出てきてビックリしました。お、お父さんがやるの…?って思わず聞こうと思いましたが、小学校高学年のその女の子がやってるそうです。
ちなみに自分はやったことないのでやってるとこをちょっと見させてもらいましたが、何言ってるのか全くわかりません。武将とかその家来とかが出てくるんですが、言葉遣いがそもそも~でござる系だし、なんか政治がらみのようで熟語多。漢字ばっかり。正直自分が同じ歳にこれができるとは思えない。

何にしても、これは将来役に立つだろなーと思いました。
ちなみにこの子と同じ歳のくらいにFFにハマってたんですが、ゲームとか大人にとっちゃバカらしいもんですが、その後の英語の勉強に、多少ですが多少なりとも役には立ったようです。まあ英語に興味なくゼロからのスタートのわりには、子供には取っ掛かりになってよかったなあと。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-16 18:12 | マンガ・アニメ・ゲーム  

アジア杯・イエメン戦前日 オシムコメント

d0000530_7393738.jpgなんかおもしろかったとこ。
質疑応答の前の冒頭
こちらから特にコメントはない。皆さんの方からサッカーに対する意見がきちんと出たらコメントするようにしたい。スポーツジャーナリストとしてのレベルに達するまで、私は辛抱強く待つことにしたい。
最初から、ウオー来た!と思いました。前の会見ではこんなことハッキリ言いましたっけ?マスコミも育てるって最近の発言でもどっかで見たんですが、この時点でここまで言い切るとは思いませんでした。まだ早いんじゃないかなーと。

――初の公式戦だが、プレッシャーは感じているか? また大勝しなければならないというプレッシャーは?

 プレーするのは選手たちだ。私は特にプレッシャーは感じていない。選手、もしくはジャーナリストの皆さんは感じているかもしれないが。
こういう切り返し方はよくしますね。おめでとうは選手に言ってくれっていうのも。前回とジェフナビスコ優勝のときとかも。
「ジャーナリスト」のくだりはテレビ・新聞ではカットされるかと思ったんですけど、さっきフジではわざわざピックアップされてました。ホントにマスコミ変わるかもしれませんね、期待はしてませんけど。

「宮本を招集しないのはなぜか?」っていう質問は、よく聞いたなってかんじです。私はいまだにオシムの基準がわからないんですが(頭が悪いので)、こういう質問にはまともに答えるとは思いませんでした。なんで宮本のことだけ言うのか?ってかんじでごまかされるのかと。やっぱ質問の続きにあったとおり前キャプテンだからなんでしょうか。



一番笑ったのはこれ
――今日は数的優位を作る練習を多くやっていたが、日本の選手が数的優位を作る瞬間の判断力というものは低いと思うか?

 質問の翻訳が正しくないようだ。…
はあ?(笑)こういう答えの最初の言葉で結構つかみというかおもしろい言葉持ってくるのおもしろいですね。しかもすごい嫌味とかで。
続き。
日本人が早く判断する能力を持っているかどうかではなくて、早く自分で考えることが一般社会で許されているのかどうか、だ。そういう習慣があるのだろうか。どうなのだろう、逆に聞いてみたいのだが?
「そういう習慣」もよく使いますね。それより逆に聞いてみたいネタで思い出すことは、先週の試合で記者に対して逆に聞いてみたときの話です。それに対してマトモにしゃべりだそうとする記者がおもろい。しかもそれの反応を見たオシムの顔が以下同、とりあえずyoutube張ってみますけど




d0000530_7374122.jpg

ついでに。
トリニダード・トバゴ戦、田中達也に「OK」、満面の笑顔のオシム
その笑顔萌えなんですがこれがウワサのツンデレってやつなんでしょうか?というか、普段から仏頂面しすぎです。色んな話聞くと、こっちのイメージの方がまちがってると思えてしょうがないです。
あと一言めの「達也」は「Tatsuya」っぽいんですが、その後通訳か誰かの「たつや」って日本語のアクセントを挟むと、二言めが「たつや」っぽくなってたのがいいです。さすが4ヶ国語くらいしゃべれるってことがあるんでしょうか?

イビチャ・オシムの流儀 ~日本代表新監督の哲学と品格
ということで情熱大陸。

川淵会長にレッドカードを!ヽ(`Д´)ノ



気になった記事
巻がコーチをコーチ、オシム流の伝導役
 思わず呼び止めた。新潟合宿初日の練習冒頭。ビブスを配るコーチ陣を、巻が制した。「この練習の流れだと、同じビブスの色に、同じポジションの選手が固まることは考えにくい」。指摘は正しかった。オシム監督が求めていたのは、FWからボランチまでの4選手が連係し、スペースを突く練習。慌ててビブスが配り直された。それを見てオシム監督が、小さくうなずいた。
うわー小説ぽくて好き。トルシエのときのW杯裏側のDVDでも、一瞬のトルシエとかダバディとの会話が映画っぽく見えてよかったです。(岩井俊二だからかもしれないけど)なんというかこういうのは好きです。

悪ガキ佐藤勇人を更生させたオシム
「今、日焼けサロンにいるので行けません」は「オシムの言葉」読んでビックリしました。元ヤンだったみたいなことはサッカー番組とかで聞いてましたが、なんというか、ホントだったとは。(笑)

人気上昇、オシム本34万部 心とらえる“本物の言葉”
 思うんですけど、売れるっていうのは代表監督なった時点である程度わかってたことですよね。でも、今の時点としてはなんか自分の感覚では結構売れてる気がします。売れるとしたら、これから4年間(やるとして)監督していくうちに、だんだん親近感とか興味とかわかせて、W杯出場決定とか予選で盛り上がってる時点くらいの最終地点で爆発的に売れると思ってました。
だから、ホントに4年するとしたら、まず100万部は超えるだろうなーーと漠然と考えます。わからないんですが、それほどハードカバーで1冊の本が売れたってことはあったんでしょうか?
あと本人がこの本にサインを頼まれて「自分が書いた本じゃないのになー」って言ったみたいに、たぶんもう1冊オシムの故郷では有名な本があると思うんですけど、それの翻訳本の出版が、これが売れるほど現実に近づくんじゃないかと思います。ヴァスティッチがらみの発言がもっと見たいです。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-16 07:37 | サッカー  

声優の鈴置洋孝さん亡くなる

ブライト艦長の声優鈴置洋孝さん死去

肺がんのためということで。
Yahooのトップから見た記事には「ガンダムのブライト艦長役」とあったんですけどピンと来ませんでした。名前は明らかに存じてたんですけど。

記事にリンクしてあったWikipediaとか見てみると、はっきり声のりんかくが固まってきました。まず冒頭にドラゴンボールの天津飯とあって、ああ、たぶんよく知ってる声の人だと想像がつきました。その後に「るろうに剣心の斎藤一」と書いてあったんで、それは若い人にも結構有名だろうしファンの人はつらいでしょうね。

その後も今までの作品の一覧をながめてたんですけど、「らんま1/2(九能帯刀)」と出てきたとたんそこはちょっとショックのツボに入りました。あんまりアニメっぽいクセのない低い声で好きでした。
年齢拝見したら56歳ってことで、若いですね。残念です。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-11 08:06 | マンガ・アニメ・ゲーム  

オシム代表初戦 日本×トリニダード・トバゴ

最初見ただけでも、これまでの4年間がどんだけムダなもんだったか知りました。進むにつれて疲れてきたのかなんかグダグダになってった気がするんですが、でも3日合宿してこれならなんか、とにかく言うことないです。もっと期待してなかったので。
サントスはなんかめちゃくちゃすごい選手に見えました。最初の方はですけど。
ちょうど1週間後も、アジア杯予選でヨルダンと試合あるみたいですが、ガンバとジェフから呼ぶのかが気になるとこです。

ところでジーコのとき選手のインタビュー見てて、皆なんか一様に悦に入ってるようなおおげさに言ってナルシストっぽいしゃべり方で鼻についたんですが、今回サントスとかも見ててすごい謙虚になったって気がします。クラブでのしゃべり方あんまり知らないからなんですが。他の選手もすっきりした表情で「まだまだ」とか飾り気のない言葉で言ってるあたり、好感がもてました。これも気のせいかもしれませんが、練習でのインタビュー見てて皆きついし難しいしちょっと腹立つみたいな表情が見えた瞬間もありましたけど、まだまだって、いいですね。
[PR]

by chemicalbird | 2006-08-09 22:38 | サッカー