<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

羽賀研二のブログおもしろい

d0000530_103937.jpg羽賀研二って今まで特に気にしたことがなくて、好きとか好きじゃないとか以前にあんまり意識にのぼってこなかったんですが、たまたま別のこと見ようと思って出てきたブログ見たらなんか印象とかなりちがう人だってことがわかってビックリしました。

まず最新記事が「老眼鏡」ネタだったんですよ。
そっからあれ?ってかんじだったんですが、読み進めると「萌え」とか書いてあるんですよ。しかもなんか本人が危惧してるとおり使い方があいまい。「がんばれ僕の老眼鏡」って意味がわかりません。その後もっかい出てくる萌えもま~たなんか微妙なニュアンスです。
さらに顔文字が多くて微妙に嫌味じゃなくてかわいい。(というか芸能人男の顔文字多用はちょっと毎回意外に思う)

その次が故郷の沖縄の話なんですが、アメリカの領土だったからドルをにぎりしめてお菓子買ったとか、「おばあちゃんが作ってくれたさーたーあんだーぎー」の話とか、基本的に飾らない人ですね!

さいきん思うんですが、特に芸能人のブログって見たら、ある程度人柄が透けて見えますね。無理してキレイに(ケレンミたっぷりに)書こうとしてる人とか、よく思われたくて書いてるとか、別になんとも思わない差し支えのないようなこと書いてる人とか。
でもこういう人見ると、ちゃんとじぶんの言葉でもの書いてて(変な顔した写真もあるし結構ボケてるし、)芸能人でもまともな人がいるもんだなーと思います。



さらにじぶん的にひっかかってしまったのはスポーツネタがちょくちょく出てくることです。野球はあんまりわかりませんけど、サッカーのW杯ネタとかね。ユニフォーム着て応援してるとか、ちょっとツッコんだとこの意見とかもあって好感もてます。ジーコから代表に呼ばれないか待ってるとか。

そんなかんじで。
今ジャイアンの声やってる中学生くらいの子が、昔羽賀研二のそっくりさんでテレビに数回出てたって話を聞いたんですが、たしかにちょっと似てました。
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-29 00:59 | 芸能・TV  

Jリーグ 大分の監督のシャムスカかっこいい

d0000530_05361.jpgいまさらですが。

最初は顔とかじゃなくて、なんかすごい監督が(オシムに続き)大分に来たらしいってことを聞いて注目してました。そしたら確かに連敗続きでJ2降格圏内だった大分がその日を区切りに連勝しだしてたまげた記憶があります。

そんなかんじでもう十分有名なシャムスカ監督ですが、顔見慣れてくるとやっぱ若さ(当時39歳)となんかサッカー選手としての経歴がないとか顔も気になってきますわね。イアン・ソープをブラジル人にしたようなかんじです。

そんなかんじで色々まあ手腕を基本に気になってるんですけど(すっかり大分ファン)、発言もそんなオシム語録的におもしろいとはあんまり注目しませんでした。
たまたま見てたらあったので引用

―――「ブラジルの監督たちの中にこんな格言がある…

『どんなレモンだったとしても、お客さんにはレモネードを出さなくてはいけない』」

レモン(選手)が痛んでいても、レモネードという商品(試合)として提供するのが、お店(監督)の仕事というわけだ。

 結果は大分のレモンたちが奮闘して1-0。通算9度目の対戦で鹿島から初勝利を挙げた。そして、喜びに沸くロッカー室を訪ねたクラブ首脳陣に対するセリフがこれ。

 「今日はフルーティーなレモネードだっただろう?」

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田が聞いたら、きっと「あまーーーい!」と叫んだに違いない。原強化部長も「参ったよ、あのセリフには」と悩殺されていた。―――

それに続く文章。

―――美人の奥さんは10年前、サンタクスル監督時代に合宿中に声をかけてゲットしたらしい。そら、こんないい男にナンパされたらイチコロだ。シャムスカ監督が完ぺきな人に思えて仕方ない。―――

たしかに。(笑)なんかムカつきましたよ。
スピードワゴンのくだりも、もしあんま知らずに見たらヘタな記事だなあと思うかもしれないけど、おお、いいツッコミだな~と感心して見てました。


そういえばこの前NHKで試合中継してたとき、試合直後シャムスカにカメラがアップで寄ってったら、ちょうど飲んでたところのペットボトルをCM張りにちょいっとカメラに向かって差し出したパフォーマンスがありました。あれにはかなりのサポーターもやられてたみたいで、というか生粋の大分ファンでもない人もやられてたみたいです。おいシャムスカカッコイイなあみたいな。
試合内容はぽつぽつしか見てなかったのであいまいですが、早めに大分が先制したものの後半に同点においつかれたんだけど、試合内容自体には満足してるってかんじだった(そうです)。



ちなみにシャムスカはオシムのあとの日本代表をウワサされてるというか期待されてるような人なんですけど、オシム自身はオシムのあとは日本人監督を希望してるかなんかってことで、シャムスカ好きとしてもオシム好きとしても、なんか微妙なバランスの自分です。(笑)どっちがいいかなーとか真剣に4年後のこと悩んでますしね。自分に決定権ないのに。
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-29 00:12 | サッカー  

まつげパーマ

ところで↑を初めてしました。
っていうのもあんまりやりたいって気持ちはなかったんですよ。怖いってイメージもあったから。でも実際家に資格とった人がいると、まあタダだし練習台になってあげようかなーと。今だけしかやってもらえないと思いますし。

実際やってみて、

…というか、まずこの話からしたいんですが、初めてコンタクトレンズつくったとき、目に入れてもらうのに10分くらいかかったんですよね。今では片目2,3秒ずつでポンポーンと入れられるもんですけど、もうあまりに自分がビビリで、途中から医者と助手の女の人と2人がかりで押さえつけられて手術みたいな光景でした。そんなビビらんでいいって!って今日そのとき以来ひさしぶりに聞きました。



というくらい怖いんですよ。実際そんな引っ張ったりはさんだりしてないっていうのにまぶた引っ張られる感が痛くて涙の跡ついてたそうです。(笑)
まあそれは「痛い感」がした話で、それ以上に眼球とか目元さわられるのとか、目の近くになんかつけられてるのが怖くてブルブルびびってました。もちろん眼球が。

しかし想像に反してたことは、つけるのがそんなダラダラした液体じゃなくてまったくダレないやつだったんですよ。まあ冷静に考えたらそうなんでしょうけど。
でもまつげ多少引っ張るから目の粘膜見えてたりして(※自分の前に他の人の1回見てます)絶対怖いと思ってみてました。

でも、それより実際はパーマの液体がしみるのがかなりつらかったです。そういえば、頭につけるときも頭皮染みるよなーと思い出しました。

それにしても自分の前にやった人どんだけ何とも思ってないねんって話です。ぜんぜん痛そうじゃなかったんですよ。やっぱビビりだからか…


そんな不安もありつつ泣きながら痛い痛いと言いながら終わり。どんだけ見てもまつげ目に入ってないのに目にそんな違和感あったまま就寝。
サッカー見るために起きたらそっちの目だけがしろくずっとかすんでて、これのせいかーーー!と、思ったもんですが、その後ふつうになったので安心して今寝ます。おもいこみか。なんか、いい経験でしたね(´-`)ありがたいもんです。


でももう1回やるかはびみょうです。まあタダでやってくれるっていうならもちろんやってもらいますけど(笑)
でも、眼球…だか網膜にちょっとやさしくしてあげたいのと、やっぱびびりなんで次は厳しいです。
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-18 03:32  

U-17アジア選手権 日本12年ぶり優勝

日本、北朝鮮下し優勝 U-17アジア選手権

書き終わったのにバックスペースで前のページに戻って消えました(・_;)何回も気をつけようと思うことですがこれだけは避けられません。でも逆にまとめて。



d0000530_40412.jpgU-17の大会がおもしろいって聞いてて、今までは放送がなくて他国のネット中継でしか見るしかなかったらしいんだけど、NHKで決勝の放送があるってことで、まあ起きれたら見たいなと思って寝ました。

実際後半10分くらいに目が覚めたんで見ました。逆に、延長があるって考えが浮かばなかったので(テレビ欄みただけなんで)延長の時間帯に目覚めたら起きなかったかもしれません。ラッキー。



17歳以下って、フル代表よりかなり劣るもんだと思ってたんですよ。でもそんなことなかったです。ボールないとこでもよく動くし安定感もかんじるとこあるし、ぜんぜん思ったほどじゃないのを知りました。ただこんなとこでミスするんだ?!ってとこもあって、それは失点シーン見なかったからでしょうけどおもしろく見れました。

あと聞いたところによると北朝鮮の選手がどう見ても17歳以下じゃなくU-23くらいに見えるそうですけど、実際見てみて、まあ技術面とかではわからないんでなんですけど、確かに顔つきはそうかなというかんじです。でもそういうことができるtって、悪い意味じゃなくありえるのがわかって新鮮な感じです。他の国でもありえるそうですしね。実際日本で活躍してるスポーツ選手で歳ごまかしてるって人何人か見たことありますし。
しかし、そういうこともこれからのこと考えたらたしかに皆言ってますけどいい経験なんでしょうね。来年のU-17のワールドカップでも同じ年代でもぜんぜん力違う人もいるんでしょうし。



そう、そういえば日本の得点シーンしか見てないです。前半北朝鮮に2点先制されて、1点返したってとこで見始めて、ちょっとして日本の追加点で同点、さらに延長の後半で1点、さらに1点で決定打と。いいとこだけ見たってかんじです。

しかし17歳以下が期待されるってのがわかった気がしました。下が楽しみって、谷間谷間言われてたときは考えもしなかったんでなんか嬉しいです。(ただ谷間はぜんぜん谷間じゃないと思うけど。未来もわかりもしないのにそれは失礼ってもん、こんな言葉なくなればいいのにと思うほど)




表彰式でQueenの「We Are The Champion」流れたときはちょっと感動しました。ワールドカップだかヨーロッパ1を決める大会だから、毎回流れててうらやましいな~と思ってました。しばらく聞く機会ないだろうなーと思ってたとこでしたから余計に。

あと喜び方がいいですね!フル代表じゃ見られない気がします。日本のイメージなんですよね、そんな手放しで喜ばんだろって。全員で大はしゃぎしたり、何より歌うたったりして、さらに日本のイメージじゃない。いいですね。

あとよかったのは、試合終わったあとの握手で、結構機械的に見えた(向こうからした日本もそうだろうけど)北朝鮮の選手がフレンドリーに見えました。日本の選手から肩ポンとかやったりするのもちょっと意外だったんだけど(この歳でここまでできるのかってことで)、相手から頭ポンとかされると、国同士の状況とあんまり関係ないんだなーとかちょっと思ってしまいました。そういう面がスポーツの好きなとこでもあるんですけど。



経験がよかったっていうのも、前の試合か前の前かくらいでPKでありえない奇跡みたいな展開で勝ったそうですね。めっちゃ見たかったですけど、今回も決勝2点先制されて逆転っていうのはなんか併せて心臓が強くなったでしょうし期待できます。
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-18 03:13 | サッカー  

911の跡地

前からちょくちょく聞くけど、またでっかい建物ホントに建てる気なんですね。アメリカ国民も納得してるんでしょうか?まあアメリカ国民にもいっぱいいるでしょうが…特にテロの遺族と家族が戦争行ってる人。
ぜんぜんそれについては知識なくてなにもいえないんですけど、たぶん当初の予定の1つだった公園とかの形のものを最低限つくってほしい。決して建物、特に高い建物は建てないでほしい。これもテロに屈したうんぬんってことに関連することなんでしょうか。屈するとかそんなそんな考えだけで決めないでほしいです。
っていうのもさっき(一部の意見かもしれないですけど)、テロの被害者になった遺族がワールドトレードセンター跡地での式典に参加してたときの何人かの意見なんですけど、暴力の連鎖は何も生み出さないし、怒りは憎しみに変えてはいけないっていうことで反戦集会に参加してるって話が流れてました。年月が経って怒りよりそういう考えに変わっていく人も多いそうです。

とりとめなくなってきたんですが、当時ニュースとかで2機目が突入するとこも見たし(今ネット見てたら30分後の2機目の突入は、テレビで中継されることを考えてたって書いてあってびっくりした)ビルが倒壊するのも見たしその後の流れも見てましたけど、いろんなこと思ったけどまず1つ思ったことは、あんな高い建物建てるなんてその時点でまずおかしいと思いました。だれかを馬鹿にしてるわけではないですけど。でも地球にあんな100何階建てのもんをバンバン建てるなんて、まあじぶんが住んでる身近にはないわけで見たこともないけど、身近にあるものとしたら10数階のものも同等です、2,3回建てまではおよそ理解できるのに、そこまで上に積み上げてどれだけ異常なことなんだろうと思います。

そういえば最近わりと森の方に数日いたんですけど、(それも森を開拓して作ったとこですよ。自然破壊の1つ)家に虫が常に何匹か入ってるんですよね。それが本来自然なことだったはずです。本来そこにいた生き物と共存するっていうこと。それを完全に駆除して生きるって異常なことです。しかも頭ではそう考えてるのに身体的ににわかにそれを受け付けられないってのが怖い。
その違和感を一気に突き抜けて存在感になって現れたのがああいう建物の気がします。理屈ではわかってるんですよ、交通の面とか考えて、局地的に目的地が集まってるとどんだけ便利かって。でもそもそも理屈とか合理性とかいうものが、人間の傲慢のかたまりなんですよ。ここまで結構まともに考えたつもりで、次に浮かんだのが、あ~時空を超えられたらな~でした。

911の特番思ったより少なかったんですけど、当初そんな興味なくテレビだけつけっぱなしで見てました。そしたらどんどん当時の感情が思い出されてきました。毎年この時期に特番やるんでそのたびに思い出してるんでしょうけど。
そのうちの1つで、今回も多少とりあげられてましたけどそんなクローズアップされてないことで頭にこびりついたことがありました。飛行機がビルにつっこんで燃料が燃えて、それがなくなったあとも紙に火が燃え移ってとにかく熱かった(1000度とか言ってた)、その中で下に降りる手段が寸断されて耐えられなかった人がバンバン窓から下に飛び降りていったっていう話。今日数字を見ましたが、100人以上ってことでした。その時の音声を、流してる番組がありました。ここに書いたかわかりませんけど、あの時の音はほんとに一生忘れられないと思いました。
ただ、実際今現在忘れてます。音がどんなものだったかというこことは。擬音語にしては表せます。でもなんか思い出してはいけないんじゃないかとか頭の中を追求してはいけないんじゃないかとか、なんかホントにその音を聞いて怖かった思いだけがどんどん思い出されてきます。実際その場で聞いた+見た人は絶対今も忘れられないでしょう。
そういえば今日やってましたが、2階上で働いてた婚約者と、地上に避難しきって電話してた日本人女性の話だったんですが、「自分はもう死ぬかもしれない、死ぬだろう」と言ってその後電話が途切れたということでした。女性によれば、その時彼は電話しながら真隣りのビルから何人も飛び降りてるのを見てたのかもしれないということでした。

ちょっと衝撃的でした。ただ、やっぱりその人が地面にたたきつけられたときの音を放送したときの番組より内容全体があまいというか厳しくないものでした。感情的に。やっぱり日が経ってることを考慮してでのことでしょうか?放送局がちがうとかたまたまだと思うんですけど。
意外と意識してないのは、日本人も24人亡くなったということです。なんとなくそうかなとは思うんですが、実際そんな印象はないのであまり意識にはのぼりませんでした。忘れてはいけないことだと思います、他人事と考えてるじぶんみたいな人間にとっては。


あといくつか映画も作られてるんですよね。最近では2つほど聞いてます。「ユナイテッド93」と「ワールドトレードセンター」。
「ユナイテッド93」は特に見たいと思ってたんですが、アメリカの人も公開当初あんまり見るの乗り気じゃない、周りの反応みてからみたいな雰囲気だったみたいですが(今は知りません)、そういう感情でないのは確かですが、いまいち見に行ききれません。もちろん怖いってのもあると思います。
内容は、ホワイトハウス目指してたかだかで森に墜落したハイジャックされた旅客機の話です。遺族にきちんと話とか聞いて、役者も無名の人をそろえて撮影したということでホントに気になってたんですけど、今までみたどの特集より真に迫ってて怖いんだろうなーということで戦争映画とか試写会じゃなきゃ家でテレビでもあんまり見ない人間じゃちょっとレベル高いです。→ここに詳しく。

ってかんじで。
第2次世界大戦後の日本も、状況は違うとはいえ風化していく過程はこんなかんじであったのかなーと今実感してます。阪神大震災についてもそう。忘れるはずないと思ってたのに、子供はどんどん生まれてくるわけで、風化するのはあたりまえのことなんだと知りました。(それを如何に伝えていくってことが肝なんだろうけど、当時体験した人が死ねば、さらに実感がなくなるんだろうと思う。その後は世界のどこかで同じことが起きてても他人事)

そういえば最近スーパーマンリターンズを見たんですよ。アメリカでいまいちだって聞いたからどんなものかと思いましたが、それに反して映画として単純にとてもおもしろかったしひさしぶりに映画館で見てよかったと思った映画でした。ただ1つ不快だったのは、飛行機墜落ネタでした。アメリカのヒーローモノでこの時期でこれをやるかってかんじです。せめてやるなら、そんなギリギリの表現は避けた方がよかったです。まったく本筋と関係ないとこでやたらムカつきました。
ちなみに意見の分かれた2人が「ラフ」を見てたんですけど、別々に感想聞いたら両方ともハッキリした返事が返ってきませんでした。前も「花よりもなほ」と「ゴール」で同じ現象が起きたんですけど(まあ「花よりもなほ」はたぶん私も好きだと思うんですけど)
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-12 00:07 | ニュース  

アジア杯 サウジアラビア戦・アウェイで

(ハーフタイム中。試合終わってからも敢えて書かないかもしれない)
日本のベンチの前にマイクでも置いてるんじゃないかってくらいコーチの声拾いすぎでびっくりしました。コーチのことはよくわからないんですが、たぶん声のでかめのあの人じゃないかなって見当はあります。
っていうかホントに支持がテレビで伝わりすぎて、実況の1人かよってかんじです。しかもホントの実況も、「○○という支持が飛んでますが…」って何回もその声を拾ってネタにしてるしまつです。

ってかんじでおもしろいです。すっごいサウジアラビアペースだと思うんですけど、そんな最終的に決定的なシュートがないんで今はなんか安心して見られます。




ところで、2時半前に起きてテレビつけたら、バスケの決勝戦やってました。
しかも試合終了間近のところ。ギリシャ×スペインで、スペインがあと少しで優勝決定です!って雰囲気でした。え~~なんかこのままちょっと見ちゃおうと思ってホントになんかどんなかんじの試合なんだろって理解する前に「あと1秒」とか実況が言ってるんですよ。1秒?って聞き間違い?って思うくらいタイムリーでした。
ヨーロッパ同士の初決勝ですっけ。確かにあんまりヨーロッパでバスケって印象がないです。(少なくともしってるのは、数年前まで東欧とかで国際試合でいい結果だしてサッカーより一時期盛り上がったらしいってこと)

で優勝のスペインの選手が喜んで抱き合ったりしてるんですが、気になったのは何人も「日●本」ってハチマキしてたとこです。
日本、もっとなんか、もっとやってやれよ(・;)ってかんじです。なんか悪いかんじですね。
[PR]

by chemicalbird | 2006-09-04 03:34 | サッカー